斉藤和義伊坂幸太郎の交流から生まれた小説アイネクライネハトジーク」が、三浦演で映画化されることが決定した。

【大きな画像をもっと見る】

2014年9月に刊行された「アイネクライネハトジーク」は「アイネクライネ」に始まり「ナハトジーク」で終わる6章からなる小説集だ。第1章の「アイネクライネ」は、斉藤伊坂に「出会い」をテーマ作詞を依頼したところ、伊坂が「作詞はできませんが、小説を書くことならば」と執筆した作品。さらに同作を原案に斉藤制作した楽曲「ベリー ベリートロング ~アイネクライネ~」はシングル化され、このシングル初回限定盤に付属する特典用小説として伊坂は「ライトヘビー」を書き下ろした。この「ライトヘビー」は「アイネクライネハトジーク」の第2章となるなど、「アイネクライネハトジーク」と斉藤は深い関わりを持つ。

今回は伊坂の「映像化できるのは今泉監督しかいない!」というラブコールを受けて、今泉監督映像化されることになった。クランクイン4月で、オール仙台ロケで撮影される予定。開は今が予定されている。

なお斉藤2009年伊坂小説原作とした映画フィッシュストーリー」の音楽プロデュースおよび劇中曲を担当。さらに2010年には伊坂小説原作とした映画ゴールデンスランバー」の題歌と音楽監督を、2012年には伊坂小説映画化した「ポテチ」の題歌と劇伴を手がけている。

三浦春馬 コメント

アイネクライネハトジーク」という作品に関われること、とても光栄に思います。
この作品に登場するキャラクターが過ごす一や、大切な人との言葉のやりとりが
人生の音符となり、柔らかな応援歌になるよう、監督をはじめ、スタッフキャスト一丸となって撮影に臨みたいと思います!

今泉力哉 コメント

この映画は “出会い”について、そして“特別ではない人々”のや関係性についての物語です。
斉藤和義さん、伊坂幸太郎さん、三浦さん、というさまざまな世代の “特別な人”ととともに、どこにでもあるような悩みや、だけど美しい日常を描けたらな、と思っています。
楽しみます!

伊坂幸太郎 コメント

「こっぴどい」がとても味わいのある群像劇だったので
今泉監督なら、この小説を面映画にしてくれるのではないかとお願いしました。
自分の小説世界が、今泉さんに変換されるのが今から楽しみです。
三浦さんはの別作品「チルドレン」のドラマにも出てくれたことがあります。
また出演してもらえてうれしいです。

左から「アイネクライネナハトムジーク」書影、三浦春馬。