アルガルベ杯全4試合に出場の長谷川唯、19歳MF長野風花の誕生日祝福で2ショット投稿

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、ポルトガルで開催されたアルガルベカップを6位で終えた。代表戦士の一人として活躍したなでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部の日テレ・ベレーザMF長谷川唯が、帰国後の9日に自身の公式ツイッターを更新。「生意気なあなたがとても好きです」と、ある人物との2ショット写真を投稿し、ファンから「いいね」と反響を呼んでいる。

 長谷川は日本代表メンバーとしてアルガルベ杯に出場。グループリーグ初戦のオランダ戦(2-6)に先発して1アシストをマークすると、第3戦のデンマーク戦(2-0)にも先発し1ゴールで勝利に貢献した。順位決定戦のカナダ戦は0-2で敗れたが、長谷川は先発しており、途中出場した第2戦のアイスランド戦(2-1)も含めて全4試合でプレーした。

 8日間で4試合に出場するなど、今や代表に欠かせないピースとなっている長谷川。期待の21歳アタッカーが9日に自身の公式ツイッターを更新すると、「ぷーたろーお誕生日おめでとう」と祝福している。

「生意気なあなたがとても好きです」と続けているが、その相手とは9日に誕生日を迎えた浦和レッズレディースの19歳MF長野風花だ。二人は2014年のU-17女子ワールドカップで共闘し、ともにフル稼働して大会初制覇に大きく貢献した。所属クラブは異なるが、切磋琢磨しながら親交を深めている。

「自分らのツーショット増やそう」とリクエスト

 長谷川は「懐かしい写真たち」と綴り、長野との2ショット写真4点をアップ。二人が唇を突き出したものから、私服姿や格好良く決まったサングラス姿も公開している。「ゆいたちのトークの中にある写真はお互い違う人とのツーショットばかりですね。これからは自分らのツーショット増やそう。笑」とリクエストも送った。

 返信欄では、「2020年、2人が新国立のピッチを駆け巡ることを夢見て」と東京五輪での活躍を期待する声から、「いいね」「サッカーフリークならではのショット」というコメントも並んだ。

 U-17W杯初制覇に貢献した二人が、2020年東京五輪で同じピッチに立ち、共演する日は来るのか。3月21日に開幕するなでしこリーグで、長谷川の所属する日テレはセレッソ大阪堺レディース(13時/味の素スタジアム西競技場)、長野の所属する浦和はノジマステラ神奈川相模原(14時/浦和駒場スタジアム)とそれぞれ対戦する。(Football ZONE web編集部)

なでしこジャパン(日本女子代表)のMF長谷川唯【写真:Getty Images】