ロシア連邦タタールスタン共和首都カザンに住む美女ベロニカ・メシェリャコフ(29)さんは、記憶を繰り返し失う病に蝕まれており、そのことが毎日彼女を悲しみのどん底に追いやっている。

 英Daily Mail」(8日付)によると、ベロニカさんは以前からポルフィリン症に悩まされていたという。ポルフィリン症は、ヘモグロビンの構成要素であるヘムの合成過程で発生するポルフィリンが体外に排出されず、蓄積することで引き起こされる。ポルフィリンに当たると性を発揮する性を持つため、太陽などの刺によって過敏症を起こし皮膚や肝臓ダメージを与える場合や、部を中心に神経異常が出る場合がある。ベロニカさんは数年前に手術を受けたが、これが失敗し、現在は歩行困難と短期記憶障を抱えている。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/03/post_16271_entry.html

 ベロニカさんには夫がいた。しかし、何らかの理由、もしかしたら慢性的なポルフィリン症に苦しむベロニカさんに疲れてしまったことが原因で、2017年11月離婚届が提出されている。だが、記憶障を抱えているベロニカさんはそのことを覚えていない。

 毎日覚めると夫がいないことを不審に思いつつも、「仕事に行っている」と思い込み、夫の帰りを待っているのだ。だがもちろん、夫は深夜になっても帰ってこない。そこでベロニカさんの母親は、離婚している事実を告げるのだ。思いもよらない告白ベロニカさんは泣き崩れる。これが毎日繰り返されるのだ。

 ベロニカさんの繰り返される悲しみもいたたまれないが、毎日の悲しむ姿を見なくてはならない母親の悲しみはそれにもまして深いだろう。ネットユーザーからも「泣きたくなるほどかわいそう」、「夫が去ったのではなく、彼女が夫を捨てたと伝えてあげた方がいい」といった同情的なコメントが寄せられている。ベロニカさんの母親はいつかの記憶も戻り、元夫と再び結ばれることを願っているという。

 オンラインメディア「LAD Bible」は、同じくポルフィリン症に苦しむポルフィリン症基ジャックさんの言葉を伝えている。

「良き伴侶に恵まれたなら、その関係を大切にしてください。私は、患者として、慢性的な疾患を持つ人と結婚生活を営むことがどれほど大変か実感しています。その見返りにパートナーには優しくしてください。私の妻は情があり献身的ですが、私が彼女に与えるストレスが大きいことも分かっています。私と生活することで彼女が耐えんでいるあらゆることに対し、私はとてつもない罪の意識を感じ続けています」

 ジャックさんのように献身的なパートナーベロニカさんにもいたら……と思わずにはいられない。ベロニカさんの困難な状況に何らかの救いがあるとすれば、彼女毎日感じている悲しみは、彼女にとっては1回限りの経験であるということだけだろう。
(編集部)


イメージ画像は、「Thinkstock」より

イメージ画像は、「Thinkstock」より