エイバル戦で2ゴールを挙げ、直近のリーグ戦5試合で10得点と量産体制

 レアル・マドリードジネディーヌ・ジダン監督が、現地時間10日のリーグ28エイバル戦(2-1)で2得点を決めたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを「別の銀河系から来た選手」と称えた。スペインアス」が報じている。

 ロナウドエイバルとのアウェーゲーム先発フル出場し、前半33分と後半39分にゴールを奪った。チームは2-1で勝利を収め、2連勝を飾った。

 出場した直近のリーグ戦5試合で10ゴールと量産体制に入ったエースジダン監督は手放しで称賛している。

「私にしてみれば、彼は別の銀河系から来た選手だ。彼が成し遂げていることはいつだって々にとって前向きなことだ。彼は自分が得点することを分かっている。そして、彼は2点を取れば、3点める選手だ。彼は他とは違う選手で、特別な選手だ。数字がそれを物語っている」

 フランス指揮官はこうった。レアルと言えば、ジダン監督が現役時代から“銀河系軍団”とも称され常にワールドクラスタレントを多く抱えてきたが、そうしたなかでもロナウドは別格の存在のようだ。

 今季前半戦は4得点と調子の上がらなかったロナウドだが、年明け以降はトップギアリーグ戦10試合14得点と得点ペースを急に上げてきた。ロシアワールドカップが近づくなかで、稀代の点取り屋がトップフォームで大暴れしている。


Football ZONE web編集部)

ジダン監督、C・ロナウドを激賞【写真:Getty Images】