3月12日()7時からテレビ朝日系で放送される「徹子の部屋 最強トークスペシャル」で、フィギュアケーターの浅田真央・舞姉妹が登場。最大のケンエピソードなど、不仲だった時期の話をに打ち明ける。

【写真を見る】パンダがあしらわれた特製のいすに座る黒柳の周りで浅田真央&舞が華麗なスケーティングを披露!

スペシャルは、放送43年に突入する「徹子の部屋」を記念して放送される。は、央と舞が練習中のスケートリンクへ。試合と違い自由に滑る央の姿にも思わず笑顔に。そして、8年ぶりにそろって番組に登場した二人は、「徹子の部屋」のオープニングテーマで氷上の舞をに披露する。リンク中央にいるの周りを巡るように、姉妹ならではの息の合ったスケーティングでを魅了する。

その後3人は、アスリートも利用するという話題のカフェへ。そこで、深層心理が分かるという庭作りにチャレンジ。三者三様の庭が完成し、そこから読み取れる深層心理や独身女性3人の未来恋愛行方!?

「二人とも氷の上で回転しているから」というと共に訪れた回転ずし店では、すしを食べながら回ってきた質問カードを答えていくことに。カードには、貯や二人だけの秘密などが聞いてみたい際どい質問も。「姉妹最大のケンカは?」というカードを引くと、順満帆に見えた姉妹の関係について、今だかられる真実を打ち明ける。

「同じ競技をしていてお互いが一番のライバルだった」という舞は、幼い頃には引っかき合いや髪の毛を引っり合うようなケンカをしていたと告白。また、央は「同じに住んでいても、ほとんどしゃべらなかった時期もありました」とり、そんな時にいつも間に入ってくれたのは亡くなっただったと振り返る。央が競技生活から引退して11ケ。今だからこそ話せる姉妹の秘話に、が鋭く突っ込んでいく。

このほか、吉永小百合市川海老蔵綾小路きみまろ、マツコ・デラックスも登場する。(ザテレビジョン

「徹子の部屋 最強夢トークスペシャル」で回転ずし店を訪れた(写真左から)黒柳徹子、浅田真央、浅田舞