人気アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」の浅川梨奈が主演する映画「トウキョウ・リビング・デッド・アイドル」のポスタービジュアルが、このほどお披露目された。あわせて、劇中に登場するアイドルユニット「TOKYO27区」のメンバーに扮した浅川、阿部夢梨、尾澤ルナが歌い上げる「Hero」が主題歌に決定した。

本作は、アイドルとゾンビの要素の融合に加え、パルクールなどのアクションもふんだんに盛り込んだ"新感覚ガールズアクション・ゾンビ映画"。限りなく現在の東京と同じ世界に住む「TOKYO27区」の人気アイドル・神谷ミク(浅川)は、ある日ゾンビに噛まれてしまう。ゾンビ化までのタイムリミットは72時間とされており、感染者は強制収容および抹殺される。ミクは生きる道を求めて逃亡し、探偵・犬田(尚玄)に協力をあおぎ血清探しに奔走。一方で全国指名手配となったミクを、警察や女子高生ゾンビハンター・如月(星守紗凪)らが執拗に狙っていた。

お披露目されたポスタービジュアルは、ポップなフォントでタイトルをローマ字表記、イエローを基調として、ところどころに血しぶきをデザインしたもの。金属バットを手に持ち、凛とした表情を浮かべているミクの姿も印象的で「ゾンビになるまで72時間。アイドルの聖地に立つために私は戦う。」という彼女の強い決意を表すようなコピーが添えられている。また、キャラクターにフォーカスを当てた場面写真も使用されており、ユニークなルックスのキャラクターがずらりと並んでいる。

「トウキョウ・リビング・デッド・アイドル」は、「ラーメン食いてぇ!」の熊谷祐紀監督がメガホンをとり、男性ボーカルグループ「SOLIDEMO」の中山優貴&山口智也、「関東一女子高生ミスコン2013」グランプリの古泉千里、「HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION」の井澤勇貴のほか、亜紗美、橘龍丸、鷹松宏一、加藤雅人、大林ちえりも出演。「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」(3月15~19日開催)でワールドプレミア上映され、6月から東京・シネマート新宿ほか全国順次公開。

浅川はゾンビに噛まれた人気アイドル役