ホンダは、コンセプトカーとして発表していた電気自動車「アーバンEV」の生産に乗り出す。予約受付を2019年初めに欧州で開始し、同年後半に販売すると発表した。

レトロな外観が特徴のコンパクトが、まずはヨーロッパを走ることになる。

・前後にディスプレイ

アーバンEVコンセプトは、後部がハッチになっている3ドアモデル。どことなく同社の小「シティ」を思わせるデザインだ。

しかし、レトロな外観とは裏に先端技術をしっかりと搭載した電気自動車となっている。エクステリアを引くのが、フロントリアに備えたディスプレイ。ここにメッセージなどを表示できるのだという。

また、ダッシュボードにもワイスクリーンが設置され、バッテリーの残量などに関するあらゆる情報マップを映し出す。AIも搭載されていて、ドライバーの好みなどを学習して提案もするとのこと。

・居間のようなインテリア

インテリアおしゃれだ。ダッシュボード部分を木材仕上げにしていたり、前後2つのシートベンタイプとなっていたり。まるで居間のソファのような、くつろげる間を演出している。

もちろん、こうした機デザインコンセプトの段階でのものであり、実がどうなるかは未知数の部分もある。

と異なり、欧州では小回りのきく小が好まれる傾向にあり、しかもディーゼル止をいちく決めるなど環境意識も高いマーケット。ホンダにとってアーバンEV欧州投入は今後のEV世界展開を占うものになりそうだ。

Honda

ホンダのアーバンEV、2019年初めに欧州で予約受付を開始