南雲穂波(©ニュースサイトしらべぇ)

2016年の「準ミス東大」で、今も東大大学院で建築学の修士課程に在学している南雲穂波。勉学のかたわら、フジテレビ系クイズ番組『潜在能力テスト』や『ネプリーグ』などで活躍する23歳、才色兼備の才媛だ。

■テレビドラマが進路に影響?

南雲穂波(©ニュースサイトしらべぇ)

難関の東京大学、中でもリケジョとして研究に励む南雲だが、進路選びは意外にもカジュアルなきっかけだった。

南雲:私、テレビドラマが好きで、これまでの人生でも結構影響されてきたんです。『ドラゴン桜』を見て、「東大の理Iは合格しやすい」というのを知ったり、『プロポーズ大作戦』で長澤まさみさんが建築学科の学生という役だったのですが、「いいな!」と思ったり。

ドラマではないですが、菊川怜さんにも大学に入る前から憧れがありました。母にも「菊川怜さんも建築学科よ」って言われて、それも影響して進路を決めたのかもしれません。

■ミス東大はひとつの夢

南雲穂波(©ニュースサイトしらべぇ)

東大をめざした理由のひとつに、ミス東大もあるというから驚きだ。しかも在学中に何度もチャレンジして、夢を手に入れた。

南雲:テレビの世界には、子供の頃から憧れていました。でも普通に高校に進んで、先生に進路相談をしたときに「大学に入ったら芸能活動は難しいですよね?」と聞いたら、「ミス東大はおいしいぞ」と言われて。

1年生のときは応募の仕方がわからなくて、2年生で初めて応募して落選、3年生でも落ちて、4年生のラストチャンスでようやく出られたんです。

ダイエットして、面接の前に美容院に行って、レッドブルを飲んで…自分から出たいという人はあまり多くないので、たぶん私がいちばん気合い入ってたと思います(笑)。

「最後のチャンスなんです!」って熱意を語ったのですが、それをしっかり掴むことができてよかったな、と。

■学園祭の帰り道でスカウト

南雲穂波(©ニュースサイトしらべぇ)

その後、めざしていた芸能界への道は、意外な形で開くことなる。

南雲:グランプリではなく準だったせいか、ミスコンのときはとくに芸能事務所に誘われたりはしなかったんです。でも、学園祭の帰りに今の事務所の方に「オーディションに来ませんか?」と声をかけられて。

菜々緒さんや中村アンさんなどが活躍されている有名な事務所だったので、名前は知っていたのですが、グラビアのイメージが強かったのでちょっと意外ではありました。私のグラビアだと需要なさそうで(笑)。

事務所に入る前は、女優のお仕事をしたいと考えていたのですが、現役東大生としてやっぱりクイズ番組などにお声がかかるので、まずはバラエティタレントとして実力をつけたいと思っています。

■『東大王』予選は「100点満点で8点」

南雲穂波(©ニュースサイトしらべぇ)

『潜在能力テスト』では常連で、パーフェクトを達成したこともある南雲。クイズはさぞかし得意だろうと思って聞いてみると、予想外の答えが…

南雲:クイズ番組に出る前は、「きっと答えられないから出たくないな…」と思っていたのですが、出てみたらすごく楽しかったです。芸人さんたちの頭の回転の速さにもびっくりしました。

でも私、理系なので社会や国語はすごく苦手で、いわゆるクイズ的な知識が問われるものは全然ダメなんです。『東大王』(TBS系)の予選も受けたんですけど、「100点満点で8点だったよ」って聞きました(苦笑)。

なぞなぞは得意で、『潜在能力テスト』は全問正解したこともあるんですけど…。13日放送の回にも出演するので、ぜひ見てください。

そんな彼女に、しらべぇ編集部からクイズを出題してみた。果たして答えられたのか…記事末尾の動画で確認してほしい。

■二級建築士の試験に合格

南雲穂波(©ニュースサイトしらべぇ)

大学院では、「建築計画」を専攻。つくられた建物と使う人との関係についての基礎研究分野だ。芸能活動だけでなく勉強にもしっかり打ち込んでいるのがさすがだが、これにはご両親の意向もあるという。

南雲:二級建築士は実務経験が要らないので、在学中にとっておきたいな、と考えていました。学科や暗記は勉強すればなんとかなるのですが、「即日設計」という試験が結構大変なんです。

5時間ぶっ通しで要件を満たす建物を設計する、という試験なんですけど、普通は資格学校に通うところを「授業料がもったいないな…」と思って、参考書を買って自宅で勉強したら、なかなか5時間続けて製図の時間が取れなくて…。

なので家ではストップウォッチを使って、製図を中断するときは止めたりして、なんとか乗り切りました。

じつは両親、とくに父が芸能活動に賛成していないんです。ミスコンに出るのも反対されましたし…。だから、「大学院に行かせてもらったので、資格は取ります!」という親へのアピールもあって頑張りました。

■卒業後の進路は…

南雲穂波(©ニュースサイトしらべぇ)

修士課程も残すところあと1年。気になる進路についても聞いてみた。

南雲:親を説得する必要はもちろんあるんですけど、自分ではせっかくのチャンスだと思うので芸能界で頑張りたいと思っています。

たとえばキャスターなど、「軸」をつくりたいです。学部の先輩でもある菊川怜さんは、すごく尊敬していますし目指したいひとつの理想ですね。

母は、私が小さい頃からテレビの世界に憧れていたのを知っているので、たぶん不安にも感じながらと思いますが「悔いがないようにやりなさい」と言ってくれています。

父は、クイズ番組はわりと嬉しそうに見てくれるのですが、ちょっとでも恋愛話とかが入りそうな23時以降のバラエティ番組だと、絶対見ようとしないんです。浮いた話は全然ないので、大丈夫なんですけどね(笑)

・合わせて読みたい→【ノートが美しいカレー好き】「東大」が付く本のタイトル通りの東大生像を描いてみた

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協力/南雲穂波

『潜在能力テスト』で注目の東大院生タレント・南雲穂波 『東大王』予選の点数は…