今年の東京マラソンの主役は、もちろん設楽悠太(ホンダ)だった。2時間6分11秒をマークし、16年ぶりに日本記録を更新。日本実業団陸上連合から1億円の報奨金が贈られることも話題となっている。

 そんななか、今回の記録更新を当然とばかりに見つめていた集団がいる。「設楽悠太、日本新出しますよ!」。レース前からそう断言していた駅伝好き集団「EKIDEN News」の3人だ。設楽の学生時代からずっと見続けてきた、主宰の西本武司さん、駅伝マニアさん、ポールさんが、マニアックな視点で記録達成までのストーリーを語り合う。彼らはなぜ日本新をずばりと当てることができたのか、そして設楽悠太はどこまで記録を伸ばせるのか――。

◆ ◆ ◆

ポイントは2015年北京での惨敗

西本 今回の東京マラソン、僕らは設楽悠太が絶対に日本新記録を出すと予想していたんです。設楽はレース前々日の記者会見では「勝つことが大事。先頭集団について行けば必ず記録もついてくる」と記録に対してはあんまり求めてない言い方をしてましたが、僕らから見たら「出る」としか言いようがなかった。今回はそれぞれの視点から説明していきましょう。

ポール 「予言」の種明かしですね。

西本 まず、ひとつ目のポイントはかなりさかのぼります。きっかけは、2015年8月に北京で行われた世界陸上10000mでの惨敗です。

マニア ああ、そこですね。

西本 このレース、最初は設楽悠太と村山謙太(旭化成)が先頭に立つんです。「おおっ!積極的にいくな!」と思ったら、入りの1kmのタイムは2分54秒。ふたりにとってはジョグに近いペースです。

マニア 先頭に立ったというよりは、他の選手がゆっくりすぎて、自然と前に出されてしまった感じで。

西本 僕らも「あれ? こんな感じで行くの?」って思っていたら、どんどんペースアップして、ラスト1kmはなんと2分28秒! 結果、優勝したモー・ファラー(モハメド・ファラー)に設楽と村山は2回周回遅れにされているんです。

僕らも打ちのめされてボロボロ

マニア いや、これほぼ3回じゃないですか? モー・ファラーのゴールタイムは27分1秒13。設楽は30分8秒ですから、約3分の差がある。ということは1000m、トラック2周半分ですから。しかも設楽の順位は最下位。設楽の前が村山謙太、辛うじて1回の周回遅れで済んだのが鎧坂哲哉(旭化成)です。

西本 10kmのトラックレースで世界と戦うためには、1000m近くもの差を縮めないといけないんですよ。真夏の北京というコンディションで27分1秒13。極寒の八王子、法政大学のトラックで生まれた村山紘太の日本記録が27分29秒69ですよ。

マニア 心が折れますよね、1回の周回遅れなら仕方ないけど2回も周回されるのは……。現地で観戦した僕らも打ちのめされて、ボロボロになって宿に帰りました。だって日本選手権で後続をあれだけ引き離して、独走で優勝した鎧坂でさえ周回遅れなんですよ。

設楽悠太のツイッターアイコンに隠された謎

西本 これは日本人がダメなわけじゃなくて、世界が速すぎるんだということに気づいて、愕然としたんですよ。これ無理じゃん……って。一緒に連れて行ったうちの息子でさえも無言でした(苦笑)。

 まずは、ここで設楽悠太は「世界との距離」を知ったのではないかと。そして、ふたつ目のポイントは設楽悠太のツイッターアイコンです。

ポール えーっと。これ(https://twitter.com/honda_1218)ですね。そういえば、随分前から、設楽悠太のアイコンはこれですね。

西本 ぼくらは見慣れたアイコンだけど、気になりません?

マニア 確かに! 金メダルの大迫傑がセンターで銀メダルの村山紘太、設楽悠太は右端で銅メダルをかけている写真ですね。なぜ、自分が右端に映っている写真をアイコンにしてるんですかね。普通、日本新記録を出したりしたら、ゴールシーンなどのアイコンにかえそうなものですよね。

西本 これは2016年名古屋で行われた日本選手権10000mの表彰台です。

 ぼくが撮った写真ですから、間違いありません。マニアさん、この時のこと覚えてる?

マニア もちろんです! 残り6周で設楽悠太がロングスパート。そこについていけたのは村山紘太と大迫傑だけ。残り2周で大迫がさらにスパートをかけて先頭へ。設楽悠太は2位を確保したと思ったら、ラスト1周、村山紘太がとてつもないスパートで設楽を抜き去り2位に。最初に仕掛けた設楽悠太が最終的に3位に入ったレースですね。
http://www.jaaf.or.jp/jch/100/sokuho/m_f_10000.html

トラックからロードへの転換

西本 そう。このレースです。この経験で2020年の東京オリンピックに出られたとしても、トラック競技では世界だけでなく、大迫や村山とも戦うことになる。つまり、このレースで大迫のスピード、村山のスパートを間近に体験した設楽はトラックで世界を目指すことをやめ、ハイスピードで押していくロードに活路を見出したのではないかと思うんです。そこでトラックから、ロードへ。フルマラソンへのシフトチェンジをしたと。

マニア 2017年の東京マラソンですね。

西本 そう、昨年の東京マラソン出場を皮切りに、突然ロードを中心に走り始めるんですよ。

ポール 確かにそうですね。北京世界陸上以前は、海外遠征も含めてトラックレースばかり出てたけど、2016年からは積極的にロードのレースに出たりして、流れが変わってますね。

西本 2020年までに、トラックで1000mの差を埋めることはできない。これはもう種目を変えなきゃ、と悟ったんだと思うんです。設楽が変わったのはその後からです。

マニア 明らかに雰囲気が変わりましたよね。

設楽悠太の何が変わったのか?

西本 文化放送の松島(茂)アナウンサーが「今まで色々な箱根ランナーにインタビューしましたけど、一番困ったのは設楽悠太でした」と言うほど、無口で兄の陰に隠れていた悠太が、急にしっかりとした発言をするようになった。しかも無精髭をはやしたりしてちょっとワイルドになった(笑)。

マニア なりましたね。

西本 そしてこの1年、設楽は数々のロードレースに参加することで、1000mあった世界と自分との距離がどれくらい縮まったのか、確認していたのではないかと。

ポール チェコのウスティハーフマラソンでハーフの日本記録を更新したり、1週間後のベルリンマラソンでは6位に入賞したり、レース数もとにかく多かった。

マニア 出ているレースの次元もちょっと違うんですよ。ここにポールさんがまとめた表があるのでご覧ください。

【設楽悠太、今シーズンの主な戦績】
​11月25日 八王子ロングディスタンス 27分41秒97 パーソナルベスト 日本人1位
12月3日 甲佐10マイル公認ロードレース 45分58秒 優勝
1月1日 ニューイヤー駅伝4区区間賞
1月21日 都道府県対抗男子駅伝7区区間賞
2月4日 香川丸亀国際ハーフマラソン 61分13秒 日本人1位
2月11日 唐津10マイルロードレース 46分12秒 優勝

設楽悠太はどこまで行くんだ!

ポール あらためてすごいですよね。

マニア はい。このどれもが、実業団選手としては、1つでもクリアすれば合格というハイレベルなレースなんですよ。そういうレースに全部出て、全部取ってる。設楽はどこまで行くんだって感じでしたよ。

西本 このあたりで我々は「設楽、日本記録出すってよ!」と確信するわけです。でね、だまっていたんですが、設楽悠太のツイッターアイコン。大迫傑が5000m日本記録保持者。村山紘太が10000m日本記録保持者。そして、結果的に設楽悠太がハーフマラソン、フルマラソン日本記録保持者。

マニア ああっ! このアイコンは日本長距離界日本記録保持者の集まりだったのか!

西本 そう。深読みすると、設楽悠太は自分がロードで活躍することによって、このアイコンを価値あるものにしようとした。そのために、2016年のこのアイコンを大事に使い続けてきたのではないかと。

ポール それは深読みしすぎじゃないですか(笑)。でも、それを狙うためにレースを組んだ可能性は高いですね。普通だと八王子ロングディスタンスで自己ベストを出した選手は、ニューイヤー駅伝ではピークがずれて好走はできない。それがエース区間の4区での区間賞。

西本 しかもトラックレースである、八王子ロングディスタンスではスパイクシューズではなく、ロード用のNIKEの厚底シューズベイパーフライ4%での自己ベストですからね。自己ベストを出すほどの高速トラックレースも設楽悠太にとっては、東京マラソンに向けたスピードトレーニングの一環だったのではないかと思われるのです。

日本新、影の立役者は村山紘太だった?

マニア ところが、東京マラソン前の記者会見で、設楽は目標タイムを当初掲げてた2時間6分台から9分台にトーンダウンしましたよね。今の設楽なら6分台は出せるはずなのに、とちょっと不思議だったんです。でもよく考えると、足に違和感があってもこのタイムは出せるという数字だったんだなと納得です。設楽の言う2時間9分台は絶不調でも出せるタイム、という意味だったんですよ。

ポール 実際、疲労骨折の治りかけだったそうですからね。それであの走りは驚異的です。

* * *

西本 さてレース当日の話をしましょうか。まだ誰も指摘してないのですが、あの日本新には影のMVPがいます。それが村山紘太です。実はあの日、世界記録を期待されていたキプサングがレース前から調子悪かったらしいんです。で、キプサングを引っ張るはずだったペースメーカーが、どうしたらいいかわからなくなった。

マニア 先頭集団はもう意思のない暴走列車みたいになってましたよね(笑)。ペースのアップダウンが激しくて、めちゃくちゃ。

西本 東京とベルリンでキプサングと走ったことのある設楽は途中でちょっとおかしいなって気づいたんでしょうね。オートマティックに30kmまで走るはずが、ペースメーカーがあてにならないと判断して、一度意図的に下がってるんですよ。ランナーが自分の力でペースを維持しようとすると体力を消耗しますから。そんな危機的状況となったときに、やってきたのがペースメーカーの村山です!

「悠太さんをぼくがひきます」と宣言した村山

マニア 本来、彼のペースメーカーとしての契約は15kmまでだったんですよね。

西本 それなのに村山は20kmまで設楽を引っ張った。この男気たるや! 見事に流れを作って、20kmで設楽を先頭集団に戻すという大役を果たしたんです。兄の村山謙太はツイッターで「紘太が、15キロまでなのにギリギリまで行ってるのかな??(^◇^;)」ってちょっと驚いてました(笑)。

ポール 実は僕、大会直後に紘太くんに会って、少し話したんですけどまさしく同じことを言っていました。「契約は15kmまでだったけど、ペースが乱れているのを見て、僕しかいないと思って、20kmまで自分で持っていきました」って。

西本 13kmあたりで、バイクで並走している早野レースディレクターに「悠太さんをぼくがひきます」と宣言したそうなんですよ。裏で平昌オリンピックもやってたし、キプサングも不調。実は今回の東京マラソン、やばかったんですよ。でも盛り上げるために、日本長距離界全体がアシストした。みんなが設楽のために! オールフォーワンです!

ポール 実際、あのまま行ってたら、下手すると12kmぐらいでレース終わってましたよね。

マニア そんななかでペースメーカーについていくかどうかの判断は本人がしなきゃいけない。そのとき井上大仁(MHPS)はトップ集団についていくという判断をして、それが最後の体力を奪ってしまった(結果、全体5位、日本人2位)。

大きなポイントとなった36km地点

西本 僕らは36km地点あたりで応援をしていたのですが、そのあたりから設楽が井上をおいあげていくんですね。東京マラソンの35~36kmは大きな攻略ポイントでして、35kmすぎに品川で折り返しポイントがある。ここでスピードがいったん落ちて、またトップスピードまで上げなくてはならない。つまり東京マラソンは「36kmからGO!」というコース。設楽は36km地点で「悠太コール」を予定している我々のツイートをリツイートしていたくらいだから、ここまで想定済みで走っているはず。


東京マラソン 36km地点 2018年2月25日 / 設楽悠太 2時間6分11秒 日本新記録(0:42からEKIDEN Newsによる“悠太コール”が)
https://www.youtube.com/watch?v=yEqXS6483gE

ポール ペースメーカー頼みでオートマティックに行っちゃいけないときもあるんですよね。それに気づいて一時、設楽が自分のリズムを取り戻そうとペースメーカーの前に出たときがあるんですが、井上はそのとき前のペースメーカーの背中だけを見て走っているんですよ。安定しないペースメーカーによる数秒の上げ下げが、ラスト5kmにそれが出てしまったんです。

西本 ほんわかした印象がある設楽選手ですが、自分のリズムでいかに走るきるか、そのためにどんな準備ができるか、ギリギリまでやってきた跡がこの1年を振り返ると見えてくるんですね。

* * *

ベルリンで2時間5分台もある!

西本 ちなみに、もうひとつEKIDEN News的に忘れちゃいけないことがあります。設楽選手がゴールのときに右腕につけていたものです。

ポール あ! それ忘れてましたね。家に帰ったら嫁に「設楽くんも音楽聞くの? iPhoneケースを腕につけてたけど」って言われましたが(笑)、あれはイラストが描いてある給水ボトルのホルダーです。

西本 僕らのツイッター友達のなかに北条さんという女性がいるんですけど、その人が選手のイラストを描いてまして。僕らが最初に食いついたのは、国士舘大学の藤本拓(現トヨタ自動車)のイラスト。こんなイラストを描く人がいるんだ!って言って、マニアさんと画像を保存したりして(笑)北条さんはシブイ長距離選手をずっと描いている、ツイッター界の「長距離オタクイラストレーター」って感じの人です。

マニア その人が設楽啓太、悠太を結構前に描いていて。

西本 ひと握りの駅伝ファンしか知らなかった北条さんのイラストが、日本記録更新でまさかの全国区デビュー! 今後、日本記録の映像が出るたびに、北条さんのイラストもずっとテレビに出続けるという。色々な意味で、感慨深いレースでした。

ポール ところで、西本さん! 今検索していたら、この後、設楽はアジア大会を辞退して、9月のベルリンマラソンに出るようです!!

西本・マニア 9月のベルリン!!!

西本 ペースメーカー、コース環境、ムード。すべてが一番いい、高速レースが期待される大会です。気温も最高だし、ベルリンは昨年も走っててコースも分かってるし……コンディションが整ったら、2時間5分台突入もあるんじゃないですか?

マニア・ポール 5分台ですね!

西本 でもそのぐらいのタイムを出さないと2020年に世界とは戦えませんから。多分設楽は「みんなタイムのことを言うけど、世界陸上で1kmあけられた俺からしたら、世界との距離を詰めるほうが大事でしょう」って思ってるはず! もし本人に会う機会があれば、ぜひ聞いてみたいですね。

構成/モオ

(「文春オンライン」編集部)

2015年北京世界陸上10000mに出場した設楽悠太(右から3人目) ©西本武司