ロシアモスクワ人気の老舗ロシア料理店が、日本初上陸。3月12日()、「GODUNOVTOKYO(ゴドノフ東京)丸ビル店」が、丸の内ビルディング5階にオープンする。そこで今回は、オープンに先駆けて行われたメディア向け試食会に、記者が参加してきた。

【写真を見る】ビーツを使用した赤いスープが目をひく「ゴドノフ特製!牛タンの煮込みのボルシチ」(税抜1400円)。手前の白いクリームが“スメタナ”

ロシア料理の定番である「ボルシチ」や「ピロシキ」はもちろんのこと、日本ではあまり染みのない「サラダオリビエ」、ロシアパンケーキデザート「シルニキ」など、全36種類のメニューがそろうゴドノフ東京

同店を運営するワールドカーインポーターズが、ビールワインの輸入販売を手掛けていることもあり、お酒が充実しているのも嬉しいポイントメニュー表には、世界ビールワインをはじめ、126種類ものドリンクがずらりと並ぶ。

メニューの中には東京オリジナルのタパスもあるが、まずはロシア本店と同じ料理を味わってみたいもの。なかでも、同店ならではの個性がる「ゴドノフ特製!牛タンの煮込みのボルシチ」(税抜1400円)は必食!料理が運ばれてきた間から、みがかったスープに驚くはずだ。

ゴドノフのボルシチは、ビーツを使用したフルーティーな味わいが特徴。ロシアのサワークリーム“スメタナ”が添えられているので、味の変化も楽しめる。そこで記者も半分ほど食べたところで“スメタナ”を入れてみると、味と共にコクがアップスープに浮かぶ牛タンも、口の中でホロホロと崩れるほど柔らかい。日本でよく知られているボルシチとは異なるものの、日本人の口にも合いやすく、新感覚のおいしさに大満足

ボルシチと並んでよく知られているロシア料理といえば、ピロシキだ。同店では「ネギ」「牛肉玉ねぎ」「豚肉玉ねぎカレー」「マッシュポテトキノコ」の4種類(各種より2個税抜500円)を用意する。

この中で、日本オリジナルの「豚肉玉ねぎカレー」のみ揚げており、その他は焼いて仕上げているそう。自製の生地で具材を包んだピロシキは、サクッと軽くジューシー。ぜひさまざまな味を食べべてみてほしい。

ロシアならではのデザートも見逃せない。「シナモンの香るシルニキ」(税抜1000円)は、カッテージチーズ好きにはたまならい一品。カッテージチーズシナモンレモン味を加え、小麦粉を合わせた生地を揚げて作る、パンケーキデザートだ。ほんのり温かな生地に、カッテージチーズの優しい味とシナモンの香りが折り重なる。

なお、アラカルトの他に3種類のコースがあり、価格は税抜3480円~とリーズナブル。平日11時15時ランチタイムには、「ゴドノフ東京オリジナル クリームチキンストロガノフランチ」(税抜1200円)をはじめ、約3種類のランチメニュー提供する。

東京ではなかなかおにかかれない本格ロシア料理を味わいに、ぜひ足を運んでみては?ロシアトリップしたような、非日常的な体験を楽しめるはずだ。(東京ウォーカーかおる

自家製の生地で作るこだわりの「ピロシキ」(2個税抜500円)は、4種類がラインアップ