俳優山田孝之が友人である俳優勝地涼とともに、小栗旬についてった内容がファンの間で話題になっている。

 山田は勝地のレギュラー番組である『渋谷×文化ラジオ 勝地涼×笠原秀幸 ほっとけない金曜日』(3月2日放送・文化放送)にゲスト出演。小栗とは、かつてしょっちゅうオーディションにて役を争ったライバル関係だったと明かした。 

 山田と勝地は2000年に放送されたドラマ六番目の小夜子』(NHK)で共演して以来親交を深め、今でも頻繁に遊ぶ間柄。出会った時は山田16歳、勝地が13歳だったといい、仲良くなった2人はその後、ツルむように。若い頃はほとんど渋谷にいたといい、お金がない中センターダッシュするなどしていたとトークダッシュを言い出したのは山田だったようで、勝地は「山田さんのほうから突然、ちょっと走んねぇ?』って突然走り始めるっていう(笑)信号になった間、うわーつってスクランブル交差点からセンターまで走った」と具体的に説明。

山田は走った理由について「田舎だからさ。鹿児島田舎から出てきた人で、その当時1〜2年しか経ってないじゃん。だからもう抑えられないわけ、衝動が」と、高揚した気分を走ることで発散させていたと述懐。勝地は「ずっと2人でいたもんね。ほんっとに学校終わったら孝之んに行ってたし」と、青春時代を懐かしそうにった。

 さらに、番組MCである俳優笠原秀幸も山田映画クローズZERO』で共演していたという話になると、勝地は「オーディションライバルっていた?」と山田に質問。すると山田は「小栗旬だよ、それは。3〜4回一緒になってるもん」と即答。勝地はそれを受け、小栗山田、勝地の3人でドラマがしたいがしたいがしたい』(TBS系)の役を競い合ったことがあったと暴露。オーディションでは3人が1つの机の前に横並びに座り、監督の前でセリフを読まされるというものだったといい、2人はその時のことを「やりづらかった〜」としみじみっていた。

 勝地の暴露トークはさらにヒートアップ。「その頃の旬くんなんてトガりまくってるからさ、マジ俺らのこと何にも……一を見るけど」と、当時の小栗想な様子をると、山田も「小栗さん基本、ずっとトンガってるからね」と笑いながら相槌。勝地はその当時の話を小栗に聞いたといい、小栗オーディション時に仲良さそうな2人を見て「れ合ってんじゃねえよ」とイラついていたという重なエピソードトーク。さらに小栗も「ライバル山田孝之」だと言っていたことも明かしていた。

「この『がしたいがしたいがしたい』は山田さんが役を勝ち取っていますし、世間的にも山田小栗ライバルイメージはありますよね。人気俳優たちのほほ笑ましい青春話や、ギラついた向上心の話が聞けてファンならずとも大満足の放送でした」(放送作家

 飾らない本音トーク重な話をしてくれた山田と勝地に感謝したい。

小栗旬公式ホームページより