「ねーねー」(主婦と生活社刊)で2018年1月から連載中の「うさぎのマシュー」のテレビアニメ化が決定した。4月5日午後9時54分から、TOKYO MXの「あにまる劇場」内でスタートし、そのほかのテレビ局でも放送を予定している。

同作は、不思議な森を舞台に、うさぎのマシュー、カエルのケロン、ハムスターのハムのちょっと自信がない3匹の日常を描いたコメディ。デジタルコンテンツの展開や、さまざまなグッズの企画も進行中。

各キャラクターを演じるキャストも決定しており、妄想癖のある心配性なマシュー役を「はじめてのギャル」「ポプテピピック」の竹達彩奈が演じる。おまじないが趣味でネガティブなケロン役には「アイカツ!」の川上千尋、無口かつマイペースで歌が得意なハム役には「まめねこ」の明坂聡美が起用された。

スタッフも発表され、アニメーション監督はカンザキジュン、脚本は井沢ひろし、アニメーション制作は勝鬨スタジオと、「タマ&フレンズ ~うちのタマ知りませんか?~」に携わった制作陣が集っている。