フジテレビ本社にて「Plus Ultra~フジテレビ アニメラインナップ発表会2018~」が開催され、フジテレビは「ノイタミナ」に次ぐ新深夜アニメ枠「+Ultra」を創設すると発表した。

【写真を見る】“+Ultra”第1弾「イングレス」のキービジュアルが公開!

第1弾作品は「イングレス」(2018年10月スタート)。「ポケモンGO」などを手掛けるNiantic社による同名ゲームアプリとコラボレーションし、アニメ、ゲーム、現実がリアルタイムに進行する“拡張現実エンターテインメント”を目指す。

第2弾作品は「revisions リヴィジョンズ」(2019年1月スタート)。“東京・渋谷の町が丸ごと転送されてしまう”という、青春“災害”(パニック)群像劇のオリジナル作品だ。

監督は「コードギアス 反逆のルルーシュ」の谷口悟朗、シリーズ構成・脚本は「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズの深見真、キャラクターデザイン原案は「Wake Up, Girls!」の近岡直、アニメーション制作は「永遠の0」「ALWAYS 三丁目の夕日」などで圧倒的なCG技術を見せた白組がそれぞれ担当する。

第3弾作品は「キャロル&チューズデイ」(2019年4月スタート)。「カウボーイビバップ」の渡辺信一郎監督と「僕のヒーローアカデミア」がタッグを組むオリジナル作品。

2人の少女が登場し、そのキャラクター原案は、日清食品カップヌードルCM「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便篇」「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ篇」などの窪之内英策が担当する。

フジテレビ常務取締役・大多亮氏は、「ノイタミナ」に次ぐ深夜アニメ枠の増設理由について「番組や配信権の売買など、さまざまな国際ビジネスがあるが、一番引き合いが大きいのがアニメーション。

特にフジテレビはその特徴が大きい」とした上で、「世界中が待っている中で、世界に最初から打って出るような、破格の製作費をかけたワールドワイドな作品を作り出す枠にしたい」と、大きな野望を語った。(ザテレビジョン)

今秋より“+Ultra”創設を発表した大多亮常務取締役