ロズウェル事件」をモチーフにしたCWによる『ロズウェル/人たち』のリブート版。次々と配役が決まっているが、今回また新たなキャスティングが発表された。 Hollywood Reporterらが報じている。

【関連記事】<ラテン系編>イケメン俳優を求めて世界を巡る! ~話題のイケメンを出身国別に比較してみよう~

リンダメッツ原作Rosewell High(原題)」シリーズを元に、このリブート版は、人気医療ドラマグレイズアナトミー』のジャニーン・メイソンが演じる主人公リズを中心に物語は進んでいく。両親が不法移民であるリズは、故郷のニューメキシコ州ロズウェルに戻ると、高校の時に想いを寄せていた男性が実は人的なを持つエイリアンだったことを知ってしまう。今は、警官となった彼を守り、出生の秘密を調べていくことで二人の仲は急接近する。 だが、政府による長年の隠蔽工作暴力的な襲撃のせいで、地球上のエイリアンの存在がのものとなってしまう。そして恐怖心や憎悪のせいで、エイリアンである彼の存在が暴露されることになり、二人のロマンスにも危機が迫るというストーリー

このほど出演が決まったのは、ティーン恋愛ホラードラマヴァンパイアダイアリーズ』でタイラーロックウッドを演じ、人気を博したマイケル・トレヴィーノマイケルは、オリジナル版ではニック・ウェクスラー(『リべンジ』)が演じたカイルバレンティを演じるという。カイルは、保安官の息子人気者。だが、ある日家族の恐ろしい秘密を知り、お気楽な人生に疑問を持ち始めるという役どころだ。

実はオリジナルとリブート版の『ロズウェル 人たち』は、どちらもジュリー・プレッククリエイターを務めているが、プレックは『ヴァンパイアダイアリーズ』も手掛けているため、マイケルにとっては染みのクリエイターの作品に再び登場することになる。

また、当サイトでも先日お伝えした通り、プレックが手掛けた『オリジナルズ』で人狼リーダージャクソンを演じたネイサン・パーソンズと、『プリティリトル・ライアーズ』のケイレブ役で知られるタイラー・ブラックバーンも同作に出演することも決まっている。

オリジナルズ』を手がけたカリーナ・アドリー・マッケンジーパイロット版の脚本を担当し、ジャスティンファルヴェイ(『BULL/ブル 法廷を操る男』)、ダリルフランク(『ジ・アメリカンズ』)、ローレンスベンダー(『フロム・ダスク・ティル・ドーン』)、ケヴィン・ケリー・ブラウン(『ロズウェル/人たち』)らが製作揮として名を連ねる。(海外ドラマNAVI

Photo:マイケルトレヴィーノ
(C)NYKC/FAMOUS

マイケル・トレヴィーノ