今月10日、お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実が主演を務める長編作品『鯉のはなシアター』がクランクアップを迎えた。本作は、放送作家の桝本壮志の同名小説を監督の時川英之が映像化。広島カープの本拠地である地元・広島で、オールロケで撮影された。

 本作は、経営不振で閉館直前となった広島の映画館ピジョン座が舞台。突然現れた徳井扮する謎の男・徳澤が話し出す「鯉の話」をヒントに、劇場が少しずつかつての活気を取り戻していく姿をハートフルに描いた作品。共演者には、矢作穂香、小越勇輝のほか、広島出身の高尾六平、石本竜介、カープ芸人として知られているお笑いコンビ、ザ・ギースの尾関高文らが名を連ねる。

 原作者の桝本は、徳井とスピードワゴンの小沢一敬と同居している親友同士。徳井が演じる主人公の徳澤も「たまたま小説を書いていた時に、隣にいた二人の名前を組み合わせて生まれたキャラクター」なのだそう。脚本化されることがわかった時点で、「桝本が書いた小説なら出たい!」という徳井と小沢の一声で出演が決定したのだという。クランクアップを迎えた10日には、小沢も秘密の役柄で現場に合流。シェアハウスでの同居人が顔を揃えると、現場も和気あいあい。徳井も「この3人で映画の現場におるって、面白すぎる!」と嬉しそうに話していた。

和気あいあいの撮影現場

 広島の映画館、旧サロンシネマの跡地(現在は移転)でクランクインした本作。「カープファンとしては、夢のような作品に出ることができて嬉しいです。自分のセリフにも本当に胸が熱くなるカープの実話がたくさん詰め込まれていて、台本を読んでいても思わず涙が出ることが多くて……」と話す徳井は、「自分が劇中で紹介する鯉の話の素晴らしさがカープファンの方だけじゃなく、野球が好きな人にも、野球に興味がない人にも届けば嬉しいですね」と本作への意気込みを語った。

 また、本作には日本各地から消えつつある映画館への思いも詰まっている。桝本が「カープのことを描きたかったことはもちろんですが、でも全国からいい映画館がどんどんなくなっているという映画界の事情も物語のテーマに入れたかった」と語るように、東京ではここ10年間で銀座シネパトス、シネマライズ、広島でも老舗の映画館である広島宝塚をはじめ、多くの映画館が閉館した。本作のメガホンをとる時川監督は、前作『シネマの天使』を閉館直前の広島にある大黒座を舞台にしたほど、映画館への思いは深い。

 決してメジャー級映画ではないが、古い映画館ならではのノスタルジックな雰囲気の中、現場では地元のボランティア、スタッフ、そして俳優たちが一丸となった撮影が日々行われていた。その熱気は、広島カープがファンの熱狂を呼び覚ましたように、現代社会から失われていく映画館への郷愁を観客にふたたび思い起こさせてくれることだろう。作品の完成が、今から楽しみだ。(森田真帆)

『鯉のはなシアター』は、2018年第10回沖縄国際映画祭にて上映予定

スピードワゴン小沢一敬は秘密の役柄!チュートリアル徳井義実&時川英之監督&原作者の桝本壮志(左から)