モデルでタレントのアンミカ(45歳)が3月10日、自身のInstagramで、大きなライオンのそばに立って撮ったツーショット写真を披露。ファンを驚かせている。

アンミカは夫婦で南アフリカに旅行へ行き、旅の思い出である動物たちと戯れるショットを複数投稿。その中の一枚が、立派なたてがみを持つオスのライオンとのツーショットだ。この投稿には「ライオンと歩く“キャットウォーク”に挑戦!! 緊張した!怖かった! でもなかなか出来ない思い出作りです」「ムツゴロウさんもビックリ!?」「#合成写真ではありません!」「#人間にも懐いている仕草が猫っぽかった #キャットウォークと聞くとライオンはネコ科なのだと納得」などと感想も添えた。

写真を見ると、ライオンの体高はアンミカの身長よりも高く見えるが、同時に投稿したサイドから撮った写真で種明かし。ライオンの少し後方にアンミカが立つことでライオンが大きく見えるトリックアート的な一枚になっている、というわけだ。しかし、至近距離にライオンがいることには変わりなく、迫力のある写真に仕上がっている。

これにファンからは「アンミカさん、凄いですねっ!」「CGかと思いましたー!」「なかなか体験できることじゃないのでいいですねぇ〜」「え!大きすぎません!?笑」「一瞬合成かと…凄すぎです!」など絶賛と驚きの声が相次いでいる。