DeNAドラ1左腕が日本ハムとのオープン戦に先発

 DeNAのドラフト1位ルーキー東克樹投手が、開幕に向けて順調な仕上がりぶりを披露した。11日に行われた日本ハムとのオープン戦に先発。5回途中まで、日本ハム打線から6個の三振を奪い、1安打無失点に封じる好投を見せた。

 開幕ローテ入りが濃厚なドラ1左腕が、十分な投球を見せた。初回先頭の西川遥輝に遊撃内野安打を許したが、この日打たれた安打はこれだけ。3つの四球を与えて、走者を背負う投球にはなったが、点は与えなかった。

 この日「7番・指名打者」でスタメン出場した日本ハムのドラフト1位ルーキー清宮幸太郎内野手とは2度対戦。2回の1打席目はスライダーで空振り三振に奪うと、4回2死一塁での第2打席は高めの真っ直ぐで空振り三振に。2打席連続で三振に切り“ドラ1対決”は、左腕の完勝だった。(Full-Count編集部)