は以前は自動車バイク修理の部品や機械類を売っているお店が並んでいて、下町の店舗兼住宅地でした。

最近は機械屋さんや部品屋さんが次々に消え、新しくカフェや雑貨屋さんができています。

小日子




こちらは台湾で雑誌を出している出版社。自分の会社の生活関連の雑誌を出されています。





オリジナルブランドアクセサリーカップ、ステーショナリーなどを販売されています。オリジナルシールも良い味をだしていますね。



雑貨以外にお茶も売られています。
台湾の老舗お茶屋さんの有記名紅茶ウーロン茶など、台湾産の葉を使っています。



店内には3席のお席がありますが、ちょっと狭いので、テイクアウト用にする方が良いかと思います。


小日子3号
https://www.onedayshop.com.tw/

住所:台北市大同区22
電話:02-2550-0225
時間:12:00-19:30

心地日常-台北


「心地日常」は、MIT(Made in Taiwan)の雑貨と小物屋さん。



台湾でとても流行中のハンドメイドソープが何種類かおいてありました。





wolf teaというブランド烏龍茶オリジナルデザインの陶器類、ドライフルーツなど大人可愛い雑貨が販売されています。



には大きなテーブルがあり、雪花と言う粕で作った発酵製品のかき氷を食べることもできますよ。

本店は遠いので、台北でこのかき氷を食べることができるのは便利ですね。


心地日常台北
www.facebook.com/kokochi.kogosei/

住所:台北市49巷6号
電話:02-2558-8695
時間:12:00-20:00
定休日火曜日


ORECAT




好きにはたまらないお店、「ORECAT」はオリジナルグッズをあつかっています。



すべてオーナー少威さんの手書き達です。ORECATってオレキャット(キャット)のことですね!

日本語を意識してしているのでしょうか? ポーチなどに名前を入れるサービスもしてくれます。



一点物のキャップは1180元。それぞれのの表情が良い感じです。に濡れても、洗っても色落ちしないそうです。



店内には所狭しとアイテムが並びます。どれも手作り感あふれる、素敵なグッズです。

ORECAT
https://m.facebook.com/orecatorecat/

台北市大同区4925号一階D室
電話 0989326269


[All Photos by taipeijin]
赤峰街のメイドイン台湾の雑貨屋さん3選