現地時間の3月4日に開催された第90回アカデミー賞の授賞式は「タイムズ・アップ」のムーブメントによる“黒だらけ”の事態は避けられたが、E!テレビで授賞式前恒例のレッドカーペットの司会を務めているライアン・シークレストにも、昨年11月、元スタイリストへのセクハラ疑惑が浮上。

【写真を見る】タラジ・P・ヘンソン、流行のシアー素材を大幅に取り入れたドレスで魅了!

ライアンが疑惑を否定したため、第90回アカデミー賞でもレッドカーペットのインタビューを続行したものの、主演女優賞にノミネートされていた5人の女優たちがインタビューを拒否するなど、どことなくものものしい雰囲気が感じられた。

そんな中『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(08)、『ドリーム』(16)で知られるタラジ・P・ヘンソンは、ヴェラ・ウォンの黒いシアードレスでインタビューに応じたものの「この宇宙には、いい人をケアする方法があるのよ」とライアンの顎を指で触りながら怪しげな笑みを浮かべたことから「セクハラをディスった」「晴れの舞台でライアンを貶めるなんて何様?」「反発するならインタビューを拒否すればいいのに不愉快」といった非難の声があがった。

この騒動を受けてタラジは「全くそんなつもりはなかったわ」とコメント。そもそもこのインタビューは、Netflixオリジナル映画『マッドバウンド 哀しき友情』で、厳しい状況を耐えながらも家族を支える母親を好演し、助演女優賞および、主題歌の「Mighty River」で歌曲賞とダブルノミネートを果たしたメアリー・J・ブライジについて語っていたもので、ちょっとした言動が性差別や人種差別に結びついてしまう世相を反映する出来事となった。

またこの騒動の影響も受けてか、大きなスリットの入ったタラジのドレスも「露出過剰」と、あまり評判がよくなかったようだ。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

大物司会者のライアンに反発した女優とは?