YouTubeやAbema TVなど、日常的にネット配信動画を楽しむ人はとても多い。そんな今だからこそオススメしたいのが、プロジェクターだ。

 テレビの大画面化と低価格化が進むなかで、見向きもされなくなっていたプロジェクター。だが、スクリーンや壁に映し出された映像を見れば、その素晴らしさに気がつくはず。真っ暗な部屋の中に浮かび上がる映像は、観る者を特別な気分にさせてくれる。

 ここ数年のプロジェクターの進化は凄まじい。気軽に持ち運べるほどの大きさでも、強い光でクッキリとした映像を大きく映し出せるようになった。また、これまでのようにDVDやBDプレーヤーとの接続が必須ではなくなった。スマートフォンと繋げるだけで、動画や写真を簡単に映し出せるようになったのだ。小型化、バッテリーの長時間化、映像の細微化と進化したプロジェクターからオススメの逸品をピックアップする!

◆どんな場所にも投影! 高機能モバイルプロジェクター

 FunLogyのX-01は、Android OSを搭載した筒形のオールイン・プロジェクター。Wi-Fiを内蔵し、単体でYouTubeなどが楽しめるだけでなく、スマートフォンやパソコンの画面をそのまま投影することもできる。400gの本体は、2時間駆動のバッテリーやスピーカーも搭載しているので、家の中やオフィスでも簡単に映像をシェア可能。投射部をひねれば、自立しながら部屋の壁に映し出すのも簡単。天井であれば、さらに大画面の映像を寝っ転がりながら楽しむことだってできるのだ。

【FunLogy/モバイルプロジェクター X-01】
投射部を回転してさまざまな場所に投影可能な、Android OS搭載モデル。カメラと同じ回転フォーカス方式でピントが調節しやすい
実勢価格:3万6800円(税込み)
サイズ:W50×H192×D50mm
重量:400g
明るさ:1000ルーメン
標準解像度:854×480

◆連続5時間の駆動が可能なポケットサイズモデル

 ASUSのZenBeam GoE1Zも負けず劣らずコンパクトなプロジェクター。5時間駆動を可能にするバッテリーとスピーカーを内蔵。壁から1mの位置から投影すれば32インチ、3.7m離せば120インチの大スクリーンで観られる。Wi-Fiは非搭載で、Android端末とはUSBケーブルで繋げる仕様。Wi-Fiの設定は煩雑で苦手とする人には、USBケーブルで繋げる同機がオススメだ。

【ASUS/ZenBeam Go E1Z】
6400mAhのバッテリーで、最長5時間駆動するプロジェクター。投射画面が歪んでも自動補正する。投影サイズは最大120V型
実勢価格:3万5000円前後(税込み)
サイズ:W110×H29×D83mm
重量:約307g
明るさ:150ルーメン
解像度:854×480

◆圧倒的な大画面を鮮やかに! 一味違う高画質で味わえる

 よりクオリティの高い映像を楽しみたいならエプソンのdreamio EH-TW650がよい選択肢になるだろう。ポケットサイズのプロジェクターの明るさが最大でも1000ルーメンなのに対し、同機は3100ルーメン。ある程度明るい環境でも鮮やかな映像が映せるのがメリットだ。ChromecastやAmazonFireTVStickなどのメディアストリーミング端末を接続すれば、多彩な動画コンテンツが楽しめる。さらにスクリーンセットモデルを購入すれば、よりリッチなシアタールームの構築が可能。

【EPSON/dreamio EH-TW650】
色再現性の高い3LCD方式を採用し、立体的で鮮明な映像。最短投写距離1.35mで60型、2.27mで100型のサイズで投影できる
実勢価格:8万9000円前後(税込み)
サイズ:W302×H87×D249mm
重量:約2.7kg
明るさ:最大3100ルーメン
解像度:1920×1080(フルHD)

 憧れだったプロジェクターでの映像視聴は、劇的に身近なものになった。価格も3万円台からとリーズナブル。テレビとは一味違うムードが高まるプロジェクターの映像美を、ぜひ体感してほしい!

取材・文/河原塚英信 撮影/湯浅立志

【FunLogy/モバイルプロジェクター X-01】