“ラジオ中毒ライター”村橋ゴローが、ラジオでの芸能人の気になる発言をピックアップ!

 各局各番組とも豪華ゲストを招いてのラジオ界のお祭り「スペシャルウィーク」も終了。この間、筆者はざっと計算したところ計18番組、トータル38時間視聴! ラジオ電波に殺されるわ! そんなSW後半のネタに加え、今週特に面白かったラジオでの発言をキリトリ、アナタにお届け! てんこ盛り盛りのマシマシでお送りします!

◆明石家さんま「日テレとフジで、芸人ドラフト会議が行われたの」
『明石家さんまオールニッポン お願い!リクエスト 私の東京物語』(3月4日O.A/ニッポン放送)

 直電でリスナーの東京にまつわるエピソード「東京物語」を聞き、面白かったらリクエスト曲をかけるという、『明石家サンタ』形式で構成されたこの番組。要所要所でさんまさん自身の「東京物語」も語られたのだが、小岩でのパチプロ時代や、栄華を誇った「ひょうきん伝説」など、どれも興味深いものばかり。なかでも、その『ひょうきん族』立ち上げのエピソードが印象的だった。

さんま「フジテレビは土曜8時から『ひょうきん族』を始める。その裏で、日本テレビさんも新しいバラエティをやると。それでメンバーの取り合いになってん。お互いに一気に(タレントを)持っていかれたらアカンからということで、日本テレビのプロデューサーとフジのプロデューサーがメンバーの“ドラフト会議”を行ったの。日テレが『ウチは○○さん』、フジが『じゃあウチはたけしさん』とかやって」

 まさに、テレビ全盛期の行く末を左右するリアル芸人ドラフト会議! こんなことが80年初頭に行われていたとは!

さんま「それで横澤さん(フジテレビプロデューサー)が『初めから思い描いていたメンバーが全部取れた!』と、喜んで帰ってきたのを覚えてますねー。で、えらいもんで日テレの番組は早々に終わりましたからね」

 このドラフトでフジテレビ側が選んだたけしさんや紳助・竜介、さんまさんのみならず、日テレ側に選ばれていたタレントたちも番組終了を期に結果として『ひょうきん族』へ集結。そんな奇跡が重なって、あのオバケ番組は誕生したのだった。

◆石橋貴明「いいとも終わり、スマスマ終わり、みなさん終わり、めちゃイケ終わり。どうします!?」
『岡村隆史のオールナイトニッポン』(3月8日O.A/ニッポン放送)

 さて、そのMANZAIブームやひょうきんブームから巻き起こった、80年代のフジテレビの栄華。その遺伝子、とんねるずの『みなさん』やナイナイらの『めちゃイケ』に引き継がれることとなったのだが、周知のとおりこの2番組もこの春で終了。石橋貴明さんがゲストということで当然その話題となったのだが、嘆きから笑いにつなげるグルーヴ感溢れるこの会話が、たまらなかった。

石橋「(みなさんとめちゃイケ)今月で終わっちゃうんですよ!? どうします?」

岡村「こんな日が来るとは……」

石橋「いいとも終わり、スマスマ終わり、みなさん終わり、めちゃイケ終わり。どうします!?」

岡村「どうにかなりませんか?」

石橋「本当に巨人の村田修一の気分ですよ。野球がやりたい!」

岡村「お笑いがやりたい!」

石橋「でもどうなんでしょう? テレビに、昔のような元気は残ってるんでしょうか?」

岡村「今はないですけど、帰ってくると思います!」

石橋「今回も平昌オリンピックを散々見て(たくさんの感動シーンに)ポロポロ泣きましたもん」

岡村「お笑いがあるから、ああいうので泣けるんです!」

石橋「いやいや、もうお笑いは要らない!」

岡村「要ります! 貴明さんがそんなこと言ってどうするんですか!」

石橋「(今年の)甲子園100回大会とか見たら、泣いちゃうね」

岡村「お笑いがあって、100回大会がある!」

石橋「(今年のサッカー)ワールドカップとか見たら泣いちゃうね」

岡村「お笑いがあって、ワールドカップがある!」

石橋「香川、復活すんのかなあ?」

岡村「香川が復活して、お笑いが復活する!」

石橋「やっぱ広島(カープ)が3連覇するのかなあ?」

岡村「広島が3連覇するけれども、とんねるずが4連覇する!」

石橋「広島とソフトバンクが戦ったら、どっちが強いんだろ?」

岡村「とんねるずとナイナイが番組をやる! そういうこともあるかもしれません!」

 コーナーを飛ばして、ほぼ2時間ふたりのトークのみだった今回の放送。石橋さんのフジテレビに対する、愛ゆえの忸怩たる思い。そして岡村さんの、石橋さんへの憧れがに溢れ出ていた2時間でした。

◆マツコ・デラックス「あと井森さんのモンダミンね。あれは凄い」
『有馬隼人とらじおと山瀬まみと』(3月2日O.A/TBSラジオ)

 ゲストはマツコ・デラックス。パーソナリティーの有馬さんから「人生の目標は?」と聞かれ、そこから人生論が始まったのだが、マツコの意見にパートナーの山瀬まみが深く同意。イイ話で終わるかと思いきや、会話はあらぬ方向に……。

有馬「将来の目標は?」

マツコ「ない、ない。アタシ一度も思ったことないの。人生設計とか、1回もない。流されて生きてる」

山瀬「流されるのはいいよね」

マツコ「あのね、“流されてる”ってネガティブに捉えられがちだけど、“流れに乗る”って、一番自分が行くべきところにたどり着くことでもあるのよ」

山瀬「そうだねー。(私は)前に進もうと思わない。横に横にスライドしていくっていう」

マツコ「だから姉さん、何十年もカッパになって流れてるじゃない! もうずーっと!」

山瀬「アハハハハ!」

 ここでまさかの、金鳥のCMを出してくるとは!

マツコ「アタシね、ピンクのカッパになった山瀬さんを見るたびに、凄いなって思うの。あと井森さんの『モンダミン』(のCM)。続けることって大事!」

 調べてみると、’92年以来じつに25年「お口クチュクチュ」し続けている井森さん。続けることの難しさ、その重要性をそこに見出すとは。ラジオのマツコさん、もっと聞いてみたいなー。

◆山本譲二「宇宙人と目が合った日本人は俺だけ」
『大槻ケンヂのオールナイトニッポンPremium』(3月9日O.A/ニッポン放送)

 番組でUFOを呼ぼう! という企画に打って出たオーケンのANN。その強力なゲストとして登場したのが、UFO遭遇界のレジェンド・山本譲二! ジョージのUFOエピソードがもう最高!

譲二「夜中の2時ごろ、ホテルの部屋から外の海を眺めてたの。そうしたら上空に真っ黒い雲みたいなものが見えたんだけど、それがやがて傾いて。これはヤベーもん見ちゃったなと。そうしたらその雲(みたいなUFO)が発光したの!」

大槻「それってビーム的な?」

譲二「ボク的にはあれ、アクセルだと思ってて」

大槻「UFOにアクセルがあるんですか!?」

譲二「うん。それでアクセル3回踏んだと思ったら、いなくなちゃった」

大槻「譲二さん、アクセルがあるならクラッチはあるんでしょうか? 譲二さんのお見立てでは、UFOはオートマ? マニュアル?」

譲二「ハイブリットじゃない? あいつら全部エコですから!」

 ジョージのUFO遭遇は、これにとどまらない。

譲二「宇宙人はね、大阪のホテルにいたとき、ガチャっと入ってきたの。オートロックなのによ? 背の丈は1メートルぐらいで、それで右の太ももの辺りにレーザー銃みたいのつけてんだよ!」

大槻「レーザー銃っすか!?」

譲二「俺、宇宙の殺し屋が来たって、マジで思ったんだよ!」

大槻「太ももの辺りに銃をつけるってことは、ウエスタンスタイルってことですよね?」

譲二「うん、『夕陽のガンマン』より低かった!」

 宇宙人、ウエスタンスタイル説をすんなりと受け入れるジョージ!

譲二「それで目と目が合ったんだわ。宇宙人と目が合った日本人なんて、俺だけだと思いますよ。目は真ブルー、真ブルー!」

大槻「そこはトゥルー・ブルーではなく……」

譲二「真ブルー!」

頑なに真ブルー推しのジョージはさておき、なぜこれほどの超大物がゲストで来てくれたのか?

譲二「以前大槻さんも出られた番組で、ボクがUFOの話をしたんだけど、そのとき大槻さんだけが信じてくれたの。だから今日、来たんだよ!」

 しかも、大事な用を中抜けして来たという。

譲二「今日は孫の1歳の誕生日なんだよ! ハイボール3杯しか飲んでないんだから!」

大槻「3杯は飲まれたんですね!」

譲二「……だから早くして! まだ孫が待ってるんだから! まだフーフーしてないんだから!」

「フーフー」とは、誕生日ケーキのことでしょう(笑)。たぶん、「俺が帰ってくるまで、フーフーさせんなよ!」と家族に圧をかけて、ニッポン放送に来たのでしょう。あらゆるゲストがラジオを彩った今週、なんだかんだ一番面白かったジョージ師匠でした(笑)。<文/村橋ゴロー>

【村橋ゴロー】
1972年生まれ。ほとんどの家事とまあまあの育児をこなす、ライター・コラムニスト。千原ジュニアや田村淳など芸人連載の構成を多数手掛ける。その一方、ママ向けサイトit mamaでは、「どの口が言ってるんだ」という感じだが、妊活や育児についてのコラムを執筆中。また、『ゴー! ゴー!! バカ画像MAX』シリーズ(KKベストセラーズ刊)は累計190万部を突破。近著に『俺たち妊活部「パパになりたい!」男たち101人の本音』(主婦の友社刊)がある。Twitterは、 @muragoro

ニッポン放送公式サイトより