彼氏が欲しいけどできない――。そんな恋人募集中な女性って多いのでは。

恋愛情報サイト愛カツが行ったアンケートによると、一度恋を休んでしまうと、

次に彼氏ができるまでの期間が長くなってしまう傾向にあることがわかったそうです。

恋を休んでいると、恋愛意欲が下がってしまい、異性へのアプローチ力も下がってしまいがち。

それこそ「彼氏ほしいけど、探すのが面倒くさくて……」という状態では、ますます男運は遠ざかってしまうので注意が必要です。

今回はそんな状態に終止符を打つべく、彼氏募集期間が長くなってしまう女性の特徴を挙げてみました。

■異性の条件が厳しい

異性の好みを考えたとき、選り好みし過ぎていないか、自分をちょっと客観視してみて。

特に「イケメン好き」「経済力が豊かな人」といった、好条件を臨んでいる女性は、恋するきっかけを取りこぼしている恐れがあります。

例えば、イケメンで男らしくて頼もしい男性が好き――。そんな女性って多いですが、自分好みのイケメンってなかなか見つかりづらいもの。

見つかったとしても性格に難があったり、気が合わなかったりすれば、付き合える可能性はより下がってしまいますよね。経済力も同様です。

また、好条件の男性と付き合うためには、自分が相手と釣り合うだけの魅力がなければ、振り向かせることは難しそう。となれば、

自分のタイプや希望する条件を見直すことが、いい出会いを見つける最善策になるのでは?

オススメは、自分の譲れない条件を考えることです。

それができれば恋するチャンスはグンと広がり、いい出会いも見つかりやすくなると思います。

■休日はいつも引きこもりがち

ここ数年ですっかりネット、SNSが私たちの生活に定着しましたよね。

それに伴い、休日の過ごし方も知らず知らず影響を受けている女性が多いのでは。

例えば、ネットサーフィンで時間を潰して、動画を見て楽しんで、LINEで友達とやり取りをして……。

便利なネットですが、外に一切出ずに仕事疲れを癒すのもちょっと味気ないものです。

もちろん、疲れている時は寝溜めも大事。

でも、元気を取り戻したら買い物に出掛けたり、友達と飲みに行ったり、旅行に出掛けたり。楽しみの見つけ方を外に向けてみて。

自分のやったことないことにチャレンジすることで、それが自分の自信につながっていきます。

もしかしたら恋愛意欲が高まって、積極的にアプローチできる女性に知らず知らずなれているかもしれませんよ。

■仕事が忙しい

生活をする以上、仕事はなくてはならないもの。

でも、仕事だけをしていてもワークライフバランスが崩れてしまいます。

体調のいい状態で仕事を効率的にこなすためにも、時には仕事のことを一切忘れて、何も考えない時間も持つことも大事です。

職種や仕事の状況によっては、恋する時間を持つことが難しい場合もあるかもしれません。

でも、気持ちをうまく切り替えて、出会いを求められると、仕事と恋愛の両立ができる素敵な女性になれると思います。

彼氏を作りやすくする“自分作り”って大事です。

彼氏がなかなかできない女性は、こうしたポイントで自分自身を振り返ってみてはいかがでしょうか。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)

iStock-682564064 (1)