OP戦初安打はまたお預け、高校時代のライバル桜井にも三振喫す

 日本ハムの清宮幸太郎内野手のオープン戦初安打は、またもお預けとなった。11日に行われたDeNAとのオープン戦(鎌ヶ谷)。清宮は「7番・DH」で先発出場したが、この日はまさかの4打席連続三振を喫して4打席ノーヒット。これでオープン戦7試合、19打席連続無安打が続いている。

 この日は、2回の第1打席では、DeNAのドラフト1位・東克樹のスライダーにタイミングが全く合わずに空振り三振。4回2死一塁での第2打席は、左腕の高めの真っ直ぐにバットが空を切り、空振り三振に倒れた。

 6回2死満塁での第3打席は、早実時代に凌ぎを削り合った日大三高出身の桜井周斗投手と対戦。スライダー2球を空振り、ファールと追い込まれると、3球目は外角低めいっぱいのストレート。これに手が出ずに、見逃しの3球三振に終わった。

 第4打席は、9回の先頭打者でバッターボックスに。6番手の2年目の進藤拓也と対戦した。初球はボール、2球目は外のスライダーを見逃し、3球目は真ん中低めのスライダーをファールで追い込まれた。4球目のボールで2ボール2ストライクとなると、5球目の真っ直ぐで空振り三振。まさかの4打席連続三振に終わった。

 試合は日本ハムが同点で迎えた9回に1死一、三塁とチャンスを掴むと、途中出場の杉谷拳士が中堅への飛球。三塁走者の清水優心がサヨナラの本塁を狙ったが、中堅の神里和毅の好返球で刺され、タッチアウトに。引き分けでゲームセットとなった。(Full-Count編集部)

DeNA・桜井から三振を取られ苦笑いする日本ハム・清宮幸太郎【写真:(C)PLM】