2018年に発売がスタート、もしくは発売が予定されている、あるいは発売が噂されている輸入をご紹介。今回は10〜12月です。

▪ルノーアルピーヌA110

詳細画像はこちら

1962年デビューした「アルピーヌ・A110」。鮮やかなブルーカラーリングと、4つのライト、滑らかな曲線美を描くプロポーションを特徴に1977年まで生産されました。

それから40年を経て、新が今日本で発売されると囁かれています。具体的な時期や価格は未定ですが、軽量スポーツカーであることを第一に開発され、オールアルミ製ボディのサイズは全長×全幅×全高=4180×1798×1252mmと小柄であることや、1.8L直4ターボ(252ps 320Nm)と7速DCTを後方に搭載し、100km/hまで4.5秒、最高速度は250km/hに達することが明かされています。

この手のスポーツカーは実用性を割り切っていますが、新アルピーヌA110」はフロント100L、リヤに90Lの荷室を確保するなど、日常生活では不満のないレベルを実現しています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

▪フォルクスワーゲン・T-Roc

詳細画像はこちら

フォルクスワーゲンは、これまで「トゥアレグ」と「ティアン」という2種類のSUV内で販売していましたが、今に「T-Roc」と称する新モデルを追加するといわれています。

ボディサイズは「ティアン」よりひと回り小さいのですが、ヘッドランプ一体グリルや太いCピラーサイドウィンドウを薄くすることでボディのボリューム感を強調して強さを演出しています。エンジンガソリンディーゼルを用意。先日「パサート」のディーゼルエンジンの販売が始まったことから、「T-Roc」でもディーゼルの導入を期待したいところです。

詳細画像はこちら

(今 総一郎)

フレンチスポーツの本命が復活。クリーンディーゼルの第二弾も発売!? 2018年10~12月発売予定の新車情報【輸入車編】(http://clicccar.com/2018/03/11/565278/)