シングル「ハッピーエンドマジック」が発売中のMAGiC BOYZ。友だちと仲良くなるために始めたのがキッカケで、今ではすっかりハマってしまったというガンプラについて、最年少のジョーがお気に入りの作品を実際のお写真と共に紹介してくれました!「まだまだ初心者なので」と謙遜する彼ですが、素晴らしい仕上がりをご覧ください♪

【MAGiC BOYZサイン入りチェキ プレゼント企画開催】
7日〜11日に掲載されるインタビュー&ランキング記事下に5つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、11日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

【1位】『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』ガンダムバルバトスルプス

最新シリーズ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場する、僕が歴代の中で一番カッコいいと思うガンダムです。作るのに組み立てと塗装を含めてだいたい3時間くらいかかります。まだ初心者だから、細かいところの塗装がズレちゃったりするし、腰回りの鎧を接着するのが難しかったり、支柱にネジを入れないといけなかったり、結構大変でした。本当はカッコいい武器もあるんですけど、それはお母さんがどこかに失くしてしまったみたいです(笑)

【2位】『機動戦士ガンダム』シャア専用ザク

地球連邦軍の人型ロボット兵器・ガンダムの敵となる、ジオン公国軍の人型ロボット兵器・ザクです。目の部分のシールは右腕の兵器と同じ方向に向けたかったんですけど、お母さんにシール貼りを頼んだら、なぜか逆方向についていました(笑)。あと、セメダイン(接着剤)をつけすぎて、まずい!と思って慌てたら左腕が取れちゃって。でも、激しい闘いの末にそうなっちゃったみたいなリアル感があって、とても気に入っています(笑)。

【3位】『Wing Gundam ZERO』Wing Gundam ZERO

これが最初に買ったガンプラです。なんの知識もない状態で、パっと見てカッコいいな!と思ったんですよ。作り始めてみたら、右腕が何度も取れちゃったり、角の部分が折れちゃったり、脚の部分を組み立てるのも難しいんですよ。シールや細かいパーツを失くさないようにするということにも、だいぶ苦戦しました(苦笑)。でも、お父さんに塗装のアドバイスをもらったりして完成させた僕にとっての1号機、思い入れはかなりあります。

腕が取れてもリアル感があるからOK!MAGiC BOYZ・ジョーがお気に入りのガンプラBEST3