東日本大震災から7年。10日に仙台で復興支援ライブ「小島よしお・狩野英孝トークライブ『やっぱり消えたくない二人~セカンドシーズン~』番外編復興支援」を行ったお笑い芸人の小島よしおと狩野英孝が、同ライブの売り上げを寄付するとそれぞれオフィシャルブログで明かした。

 小島は「おかげさまで満員御礼でした」とライブについて報告すると、はるばる東京から来たお客さんもいて、仙台で買った両手いっぱいのお土産を見せてもらい「その気持ちが嬉しかったです」と心境をつづる。「震災から7年 気持ちや想いは必ず届きます 実際に東北に足を運べなくても想いは新幹線よりも早く現地に届くと思います」とメッセージを送っている。

 狩野は「震災から7年ですね」と切り出すと、「この時間が、短いか長いか 人それぞれですが ぼくは、もう7年もだったんだと、いう感覚です」と吐露。「ライブの売り上げはサンドウィッチマンさんの『東北義援金口座』に、しっかり振り込ませて頂きます」とつづり、小島も「このライブの売り上げは義援金として東北魂を通じて寄付させて頂きます 微力ですがこれからも続けて行きたいです」と決意を新たにしている。(清水一)

ライブの売り上げを寄付する狩野英孝・小島よしお(画像は小島よしおオフィシャルブログのスクリーンショット)