(C)nito / Shutterstock
(C)Shutterstock

有名な元プロ野球選手が違法物を使用して逮捕された一件以来、「な日焼けは覚せい剤の使用を隠すため?」かと勘繰られるようになった。

だが、日焼けの効果は、同じ体でも引き締まって見えるだけでなく「頼りがいがある」「強い」「男らしい」といった“印操作”を可にする。それが相乗効果を生み、自分への自信につながるというケースもある。

外線は波長約100400ナノメートルですが、その波長によって『UV-A』(315400ナノメートル)、『UV-B』(280315ナノメートル)、『UV-C』(100280ナノメートル)に分類され、波長が短いほどエネルギーが大きく、動植物への有性も強いのです。UV-Cは生物にとって最も有ですが、オゾン層と大気中の酸素分子で全に吸収され、地表には届きません。UV-Bも大半が吸収されますが、一部は地表へ到達し、皮膚がんや日焼けを生じさせ、しみやそばかすの原因になります。UV-Aの大半は地表に達し、肌に吸収されるとメラニン色素が生成され肌の色がくなりますが、シワやたるみの原因にもなるという“副作用”もあります」(美容ライター

 

男の日焼けは「どの程度」だと好感度が高いのか?

UV-Aのみで日焼けするには?

では、体にダメージを与えずに日焼けをするにはどうしたらいいのだろうか。

「日焼けサロンにある『タンニングマシン』を使うとUV-Bは取り除かれ、UV-Aだけが照射されます。このマシンを使えば、日本人の肌の色に合った自然な焼き色である小麦色になり、なおかつ潤いのある健康的な肌になります。女性には、顔が小さく見えるといった効果もあります」(同・ライター

日焼けに関する調結果(リサーチプラス)では、女性57.7が、《男性は少し焼けている肌のほうが素敵》だと回答しており、《こんがり焼けている肌がいい》と回答した人は1.3にすぎなかった。すぎず、適度に日焼けした小麦色の肌は、ポジティブな印を与えられるようだ。

イタリアシルヴィオ・ベルルスコーニ元首相も言っていた。「オバマ大統領)は若く、格好がよく、日焼けしている」と。

 

(C)Shutterstock