文春オンラインをご覧のみなさま初めまして、ライターの吉川ばんびと申します。

 少し前に、若い女性たちの間で「おじさんLINE」という言葉が流行っていたのをご存知でしょうか。ざっくりと説明すると「おじさんから若い女性に送られてくるLINE」のことなのですが、これだけではどうして流行るのかがわかりませんよね。そこでまずは、「おじさんLINE」の例文をご紹介します。

 これは、以前に知人のおじさんから私に送られてきたLINEです。見ているだけで胃もたれのするしんどい内容ですよね。

「私もこういう経験がある!」と大反響

 私は現在、26歳。この年齢になればこういった「しんどいオッサン」からの連絡の数は減るものの、全くなくなったわけではありません。職場の上司などからこうした「どうでもいい内容」のLINEが2、3日に一度のペースで送られてくることに以前より嫌気がさしていた私は、実際に届いた「おじさんLINE」の文面と、パターン別の返信の仕方や対策をまとめて昨年11月に公開しました。

 するとこれが思いもよらぬ反響を呼び、閲覧数は2日間で16万PVにもなりました。このブログをテレビで紹介していただいたこともあり、「私もこういう経験がある!」「まさにこんな文章でしつこく連絡がくる!」という女性の声がTwitterやコメント欄で続々と上がり始めたのです。これまで口をつぐんでいただけで、たくさんの女性たちがこのような体験をしていたことがわかりました(ごく少数、おばさんからしつこく連絡がきて困っている、という男性の声もありました)。

「セクハラ」が生んだ、おじさんと若い女性の「溝」

 このとき私は、「おじさんLINE」の裏で深刻な「社会問題」が生まれていると感じました。

 多くの「おじさん」と「若い女性」が、うまくコミュニケーションを取れなくなっているのではないか、と思ったのです。

「セクハラ」という言葉は、今や知らない人がいないほど、社会に広く知れ渡っています。これにより、(多くの場合)女性たちは自分自身を「セクハラを受けるかもしれない存在である」

 と意識し、男性たちは少なからず「自身の行動がセクハラだと指摘される可能性がある」と認識していると思うのです。このように仮定すると、普通のおじさんたちは若い女性に対して、どのように振る舞うでしょうか。

 一般的な感性を持っていれば、「連絡の回数や接触を必要最低限にとどめ、セクハラだと誤解をされかねない言動はしない」よう注意するのが自然な行動です。

 以前はおじさんと若い女性の間で普通に行われていたコミュニケーションが、「セクハラだと思われてはいけないから」という理由で、行われなくなってしまったのです。これは「セクハラ」という社会問題が生んだ、おじさんと若い女性との間にある「溝」だと思っています。たとえばしつこい誘いなどの連絡を何度も送ってくるような少数の「しんどいオッサン」の存在により、「普通のおじさん」ですらも、女性に気軽に連絡を取ることが難しくなっているのです。

これは「セクハラのない社会」の理想形なのか

 こういった風潮により、女性からすれば、仲良くしたいと思っている男性の上司から避けられているように感じる。男性からすれば、仲良くしたいと思っている女性や周囲の人たちから「セクハラだと思われたくない」ために、女性との接触を避けるようになる。

 この関係性は、健全な状態だと言えるでしょうか?

 みんなが目指した、「セクハラのない社会」の理想形でしょうか?

 もちろん、「セクハラ」という問題が社会で起こっている以上、互いに誤解をされない距離を保つことは重要なことです。ただ、今の日本ではそれがあまりにも神経質で、過剰とも思える距離の置き方になってしまっているように思うのです。

 以前、「男性上司からそっけない態度を取られている」と感じていた私は、その男性上司(既婚)に直接理由を尋ねたことがありました(今思うと大胆な行動です)。すると、「あまり女性社員と仲良くすると、周りからセクハラだと勘違いされると怖いから……」という答えが返ってきたのです。このとき、私はとても悲しい気持ちになったことを覚えています。私はその男性上司を先輩として信用しているし、そんなこと(セクハラだと勘違いされるから、という理由)でそっけなく振舞われていたことがショックでした。

 仲良くしてほしい上司からは避けられるのに、なるべく距離を置きたいおじさんからは死ぬほど連絡が来るし、なんでこんな極端なんでしょう。全然納得がいかない。一体どうなってんの。

 女性、少なくとも私は、全ての「おじさん」との間に壁を作りたいわけではありません。「こちらの心情を理解しようともせず、ひたすらに距離を詰めてしつこく連絡をしてくるしんどいオッサン」に対して、「正しい距離」を取ってほしいと願っているだけなのです。

どんな手を使ってでも、連絡先を入手する

 ブログを公開したあと、「しつこく連絡が来るのが嫌だと言う前に、そもそも男性に連絡先を教えなければいいのだ」などと言われることもありました。極端に言えば、それでいいのかもしれません。しかし、そうすると今度は男性と女性が「自然な人付き合い」をするのが難しくなるようにも思います。

 あと、しつこく連絡をしてくるような「しんどいオッサン」は、どんな手を使ってでもこちらの連絡先を入手しようとします。以前の職場にいたしんどいオッサンは、「GE●でDVD借りたりする? クーポンとかあるから、アプリダウンロードするといいよ」と言って私がアプリをダウンロードするまで横に立ち続け、仕方なくダウンロードをし終わったところで「よし、じゃあ俺が貯めたポイントあげることもできるから、LINE教えて」と言ってきました。ちなみにこのとき「近所にGE●ないので……」とか言い訳したんですけど、「いや、でもとりあえず教えといて?」の一点張りで教えるまで一歩も引いてくれなかったので、仕方なく教えるしかありませんでした。GE●行かねぇ。

 私たちは、どうにか自然な人付き合いをすることができないでしょうか。こういったしんどいオッサンの凶行のせいで、もしくは「男性と女性だから……」という理由で、おじさんと若い女性とが信頼関係を築けないのは悲しいことです。

 SNSやメッセージアプリの普及で誰にでもすぐに連絡を取ることができる時代だからこそ、自分と相手の間にある境界線がぼやけがちなのだと思います。今一度、「おじさん」と「若い女性」である前に、人間同士として互いに「心地よい距離」を取ることを思い出さねばならないのではないでしょうか。
 

(吉川 ばんび)

©iStock.com