瀬々敬久監督が構想に30年を擁し、“女相撲”を題材にした青春群像劇『菊とギロチン』の開が決定。それに先駆け、劇中の要場面を収めた先行カットが到着した。

【写真】『菊とギロチン』場面写真フォトギャラリー

 本作は、瀬々監督が8年ぶりに放つ自身企画オリジナル映画30年前も前から構想が温められ、「今こそ撮らねばならない」という強い意志で製作スタート。その想いに賛同した多くの会社や個人によるカンパで資を調達し、完成するに至ったという。

 大正末期関東大震災直後の日本。混沌とした社会情勢の不寛容化する時代を舞台に、かつて実際に行されていた「女相撲」の一座とアナキストグループギロチン社」の青年たちが出会う。女であるだけで困難な人生を送ることが多かった当時において、さまざまな過去を背負いながらも強くなりたい一心で戦い続ける力士たち。かたや、頼りないながらも弱い者も生きられる世の中にしたいと大志を抱くギロチン社の若者たち。立場は違えど「自由世界に生きること」を願う彼らの出会いが運命を加速させていく。

 ヒロインである新人力士菊役には、野尻監督の『鈴木』でヒロインを演じた木麻生実在した詩人で「ギロチン社」のリーダー・中(なかはま・てつ)は東出昌大が演じる。

 また、同社の中心メンバーで純な夢に殉じる古田大次郎を俳優佐藤浩市息子である寛一郎が、中と心を通わせる女力士十勝を『誰も知らない』『ピストルオペラ』の英恵が演じる。他にも、渋川山中崇、井新、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田歩、嶋田久作、田俊、宇野、嶺一、篠原篤、川瀬陽太らが出演。ナレーション永瀬正敏が務める。

 完成した作品について瀬々は「何かを変えたいと映画を志した若い頃、自分はこういう映画を作りたかったのだと初めて思えた」と手応えを見せる。東出は「関東大震災後の混沌とした時代を生きる滅な人々の姿が、衣食住足りた現代に生きる々の閉塞感をぶち破ります。変な映画です。ですが、この変な映画を心から愛しく思います」と同作への深い着を示した。

 映画『菊とギロチン』は7月より全開。

瀬々敬久監督渾身の最新作『菊とギロチン』場面写真(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎