Knight Frank による The Wealth Report 2018 で「各都市の100万ドルで家屋を買える面積ランキング」が発表された。100万ドルは日本円にして約1億円で、ランキングは各都市の家屋の平均購入価格で統計したもの。

・東京は1億円でくらいの面積に住める?
ランキングによると、約1億円でもっとも広い面積に住めるのはブラジルのサンパウロで、173平米。もっとも狭い面積はモナコの16平米となっている。気になる日本の都市、東京は1億円あればどれくらいの面積に住めるのか?

・各都市の1億円で買える家屋の面積ランキング
1位 サンパウロ 173平米
2位 ケープタウン 157平米
3位 ドバイ 138平米
4位 イスタンブール 98平米
5位 ムンバイ 92平米
6位 メルボルン 90平米
7位 マイアミ 78平米
8位 ベルリン 77平米
9位 東京 76平米
10位 北京 66平米
11位 ロサンゼルス 58平米
12位 上海 54平米
13位 シドニー 48平米
14位 パリ 46平米
15位 ジュネーブ 41平米
16位 シンガポール 39平米
17位 ロンドン 28平米
18位 ニューヨーク 25平米
19位 香港 22平米
20位 モナコ 16平米

・ウサギ小屋のようだ
外国人が東京に住む日本人の家を「ウサギ小屋のようだ」と言っていた時代もあったが、いまや東京よりも狭い家に住まざるを得ない都市が数多くある。住む国によって1億円の価値が変化することを考えると、海外移住も視野に入れた人生計画も必要かもしれない。

・非常にすばらしい環境のモナコ
それにしても、1億円があってもたったの16平米の家にしか住めないモナコには驚かされる。非常にすばらしい環境のモナコだが、棲むとなるといろいろと大変かもしれない。あなたはどの都市に住みたい?


もっと詳しく読む: 各都市の1億円で住める面積ランキングがヤバイ / 東京都の順位は(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/03/11/knightfrank/

参照: Statista / Knight Frank