第1回にお話ししたとおり、スクリーン映画の始まりはリュミエール兄弟による記録映画だと言われています。スクリーン映画歴史ドキュメンタリーと共に始まったように、ドキュメンタリーVR映像表現の可性を広げています。今回はVRにおけるドキュメンタリー映画を取り上げたいと思います。
 
トップ3の発行部数を誇るニューヨークタイムズは、2015年11月に同誌が製作した360動画作品が見られる動画配信アプリ「NYT VR」を立ち上げ、紛争地帯に生きる子どもたちの生活を追ったドキュメンタリー作品『The Displaced』100万個以上のGoogle Cardboardを同誌の定期購読者に配布しました。また2016年11月にはサムスンと提携し、毎日ひとつの360映像を配信する「The Daily 360」を立ち上げました。彼らはVR新たなジャーナリズムの手法と捉えて、VRを使ったドキュメンタリー作品に多数チャレンジしています。

難民問題を360度で捉えた作品『The Displaced』

この作品は紛争によって故郷を追われたスーダンシリアウクライナの3人の子どもたちを取り上げたVRドキュメンタリーです。2016年カンライオンズエンターテイメント部門グランプリを獲得しました。

映像が始まると、いきなり荒れ果てた学校教室の中に連れていかれます。の前には黒板に何か文字を書いている少年がいます。

シーンが変わって、沼地で船を漕ぐ少年がいます。さらにシーンが変わり、高台で難民キャンプのようなテント群を少女が眺めています。
 
第二次世界大戦以来、6,000万の人々が戦争と迫によってを失っています。その半分は子供です。これは3人の子供の話です。」というテロップが出て、冒頭3つのシーン子供達が今回の作品の主人公だということが、一にしてわかります
 
1番の男の子が体験者をまっすぐに見ています。彼が11歳のウクライナの男の子であるということと、彼の遇がテロップで説明されます。そして自分の言葉で戦時での様子や思ったことをります。そのりをバックに、映像は荒れた建物の屋上で元気に弾薬を集める彼と友達の様子が映されます。
 
続けて2番の男の子は沼地のん中に立ち、体験者をまっすぐ見ています。彼は南スーダンの9歳の男の子です。彼は船を漕ぎながら、戦時に祖と一緒に沼地の中を逃げてきた話をります。一緒に逃げてきた祖は避難している時に亡くなってしまったようです。
 
3番女の子ん中に立って、体験者をまっすぐに見ています。彼女シリア12歳女の子です。彼女家族は今、シリアを離れてレバノンで暮らしています。彼女は毎4時に起きて、家族のために仕事をしています。他の子どもたちと一緒にトラックの荷台にぎゅうぎゅう詰めでに連れていかれるシーンは、すぐ隣に自分も一緒に存在している感覚になり、なんとも言えない気分になります。
 
シーン突然切り替わり、南スーダン大草原の多くの人たちの中に連れていかれます。彼らは何かを待っています。遠くから飛行機が飛んで来る音がして、を見上げると上から飛行機が何かい物体を落としていきます。

突然の出来事で思わず身を屈めてしまったのですが、多くの人たちがそのい物体に駆け寄るのを見て、それが救援物資だと知りました。私は救援物資を待つ人たちの中にいる体験を初めてしました。
 
3人の子どもたちの環境は決して良くありません。でも彼らは 逞しく生きています。友達と笑ったり、難民キャンプの中を駆けっこをしたり、そんな彼らを寄り添って見ているような感覚になります。
 
作品の最後に、子どもたちが体験者をまっすぐに見つめます。そして、体験者に向かって、子どもたち自身の言葉で自己紹介をします。 何でもない短い自己紹介なのですが、すごく記憶に残るラストシーンです。
 
全然違う場所に住んでいる3人の子どもたちが戦争という行為によって、幸せだった全てを失ってしまっているということは説明されています。しかし私がそこで出会ったのは、どんな環境でも逞しく生きている子どもたちの姿です。その逞しい姿が切なさを増し、私自身が見ていることしかできないな存在だということに気づかされる作品でした。

https://www.youtube.com/watch?v=ecavbpCuvkI

1人のフランス人アーティストを追った作品「Walking NY」

この作品は写真を使ったストリートアートを制作することで有名なフランスアーティストの「JR」が、ニューヨークに大規模なストリートアートを誕生させるまでを追った作品です。

作品はニューヨークのどん中から始まります。
次のシーンアトリエで、今回の作品のテーマについてJRが体験者に話しかけます。そして今回の作品のモデル男性を撮影してプリントし、路上にプリントした写真を貼る。ストリートアートを完成させるべく淡々と作業のシーンが続きます。ここまでは、この作品はVRである必要があるのか? と思ってしまうほど淡々としています。
 
しかし、全てこのシーンのためにあったのかと思わせるクライマックスが訪れます。気が付くとの前にヘリコプターが1台見えてきます。ふっと周辺を見回すと、自分自身がヘリコプターを前に中に浮いていることに気づきます。下を見るとニューヨーク並みが見えます。素晴らしい風景なのですが、自分自身の足元に何も無いため、少し恐怖を感じます。その状況に慣れてくるころ、眼の前のヘリコプターの中で、一生懸命地上の写真を撮影するJRの姿に気づきます。その写真を取っている地上を見てみると、はっきりではありませんが、今回JR制作した作品の全体像が見えます。盛り上げる音楽の効果に自分自身が中に浮いているドキドキ感、そして作品の全体像を始めて見る感動で、気持ちがすごく高揚している自分に気がつきました。

最後にニューヨークタイムズマガジンの表が映し出されて、作品は終わります。彼の巨大なアートは、このようにから見るのが正しい見方なのかもしれません。

https://www.youtube.com/watch?v=f0-89v4Fk-M

従軍記者を体験する作品 「The Fight for Falluja」

こちらは、2006年6月イラクファルージャを取材した従軍記者を追うVRドキュメンタリー作品です。戦時中の最前線を舞台にしたVR作品はこれが初めてではないかと思います。ディレクターはピューリッツァー賞を受賞したBen C. Solomon氏です。

最初のシーンで、どこかの屋上ばいになってを構えるスナイパーと、それを見守るイラク兵士たちが見えます。緊感がドンドン高まり、それを打ち消すように一発きます。
 
次のシーンでは、イラクファルージャをで走っています。戦時のため人が一人もおらず、道路は荒れ果てています。Solomon氏はイラク軍に従軍して取材をしています。彼はイラクの最前線で取材するのが初めてですが、イラク軍の兵士たちはとても明るく彼や体験者に接してくれます。やがて何気ない雑談の中で、突然が聞こえます。その間身を屈める兵士。一気に空気が凍りつきます。ここは戦場だったことに気づかされます。
 
この作品は2つのエピソードに分かれています。エピソード1は、ファルージャの奪還までの緊感を戦時の最前線に連れて行き体感させます。エピソード2では、戦争の余波が残る建物が破壊されている内を歩きます。内の刑務所を尋ねると、まだ生々しい状態で荷物が残されています。そこには畳半畳ほどの独居房があり、体験者がそこに入るとドアが閉められてしまいます。1人狭い独居房の中に閉じ込められると、恐怖に襲われます。この感覚はきっとスクリーンでは感じられないVRならではの表現、体感ではないでしょうか。

場面は変わって、を失ったファルージャ市民キャンプを尋ねます。40度近い気温の中ですが、多くの人は屋根しかないコンテナで生活をしています。その生活は過酷で子供大人もコンテナの中に集まって暮らしています。Solomon氏に向かって、ファルージャの人たちは安全な日がくきて欲しいと訴えます。荒れ果てたファルージャ内をで回るシーンで作品は終わります。
 
ドキュメンタリーVRは今までとは明らかに違う事実を体験させます。これはVRならではの映像表現と言っても過言ではいと思います。ニューヨークタイムズVRを使ったジャーナリズムの可性を模索しています。

https://www.youtube.com/watch?v=_Ar0UkmID6s

まだニュースのように即時性がいため、ストーリ性のあるドキュメンタリー作品が多いのかもしれません。近い将来には即時性のあるニュースVRで見る時代がくる可性もあります。
 
内外の多くのメディアで、ドキュメンタリーVRの配信は少しずつ始まってきています。VR映像の特質を考えると、実際に事件が起きている場所に連れて行かれるような体感ができるため、テレビスクリーンと違って主観的に情報を受け取りやすくなると言われています。そういう意味で共感性を産みやすいドキュメンタリー的手法は、VR映像に向いているとよく言われます。

スクリーン映画歴史るように、映像の始まりは記録映像ドキュメンタリーのようなノンフィクションから映像表現が始まっています。近い将来、ノンフィクションだけでなく、フィクションに関してもVRならでは映像表現が多く生み出され、VR映画という新たなジャンル明けが来ると私は思っています。
 
今回ご紹介させていただいた『NYTVR』はGear VR, iOS, Androidでご体験いただけます。
 
またコンテンツの詳細は下記の公式HPをご覧ください。

『NYT VR』

※本記事の内容はあくまで私見に基づくものです。ご了承ください。