ミュージカル「薄桜鬼」シリーズ最新作となる第11作のタイトルが、「ミュージカル『薄桜鬼 志譚』土方歳三篇」に決定した。発表に合わせて、キービジュアルも公開されている。

同作は、シリーズ累計100万本を越える人気ゲームのミュージカル化。幕末を舞台とした伝奇時代劇で、父を捜すために男装した雪村千鶴が、化け物と戦う新撰組の隊士たちと出会い、明治維新の動乱へと巻き込まれていく姿を描く。2010年からはテレビシリーズやOVA、劇場版など、さまざまな形でアニメ化されており、ミュージカル版は12年にスタートした。

このほど公開される第11作から、ミュージカル版が第2シーズンへと突入する。これに合わせて、タイトルも“幕末を駆け抜けた、新選組の志士たちの志の物語”の意味を込めた「薄桜鬼 志譚」に変更された。そのスタートを飾る「ミュージカル『薄桜鬼 志譚』土方歳三篇」では、主演・土方歳三役の和田雅成をはじめとした新たなキャストと演出で、13年10月に公開されたミュージカル第3作「ミュージカル『薄桜鬼』土方歳三篇」の脚本をベースにした物語が繰り広げられる。

「ミュージカル『薄桜鬼 志譚』土方歳三篇」は、4月21~23日に新神戸オリエンタル劇場、4月28日~5月1日に東京・明治座で上演。