PSGに5失点もエンクンク、ムバッペ、ラビオと実力者のシュートをストップ

 フランス1部のリーグ・アン第29節パリ・サンジェルマン(PSG)対メスという「首位対最下位」が現地時間10日に行われた。結果的にはPSGが5-0で大勝したが、再三のスーパーセーブで奮闘したメスの日本代表GK川島永嗣は高い評価を受けている。衛星放送「ビーイン・スポーツ」アメリカ版は「カワシマが傑出した反応を見せた」と絶賛した。

 PSGはベルギー代表DFトーマス・ムニエのゴールを皮切りに、フランスU-20代表のFWクリストファー・エンクンクが2得点、フランス代表FWキリアン・ムバッペもネットを揺らして前半だけで4得点を奪った。

 後半もブラジル代表DFチアゴ・シウバがセットプレーからダメ押し点を決めて力の差を見せつけたが、前半ほどの勢いはなかった。そこに立ちはだかったのが川島だった。

 日本代表の守護神は後半13分にエンクンク、同30分にムバッペといずれも右からのクロスをゴール至近距離で合わせたシュートを立て続けにスーパーセーブ。フランス代表MFアドリアン・ラビオの無回転ミドルシュートも豪快な横っ飛びで防ぐなどビッグセーブを連発した。

「エンクンクのハットトリックのチャンスは川島が傑出した反応を見せたことで防がれた」

 記事では川島のプレーをこのように記されている。若手のホープであるエンクンクにあわやハットトリックを決められるピンチだったが、川島が意地と気迫のセーブを見せた。PSGに圧倒されたリーグ最下位のメスだが、川島の奮闘がわずかな光明と言えるだろう。


(Football ZONE web編集部)

メスGK川島、PSG戦で意地の好セーブ連発!【写真:Getty Images】