2000年代最高の打者の一人、プホルスが明かした胸中とは…

 エンゼルスのアルバート・プホルス内野手がFull-Countの独占インタビューに応じた。2001年にカージナルスでメジャーデビューし、昨季まで通算打率.305、614本塁打(歴代7位)、1918打点(同10位)をマーク。通算2968安打で、3000安打の金字塔まで32本と迫っている。カージナルス時代にはデビューから10年連続で打率3割&30本塁打&100打点をマークし、2度の世界一に加えて、リーグMVPに3度輝くなど数々の個人タイトルも獲得。2000年代最高の打者の一人として、引退後の米国野球殿堂入りは確実視されている。

 今季は、二刀流で話題を呼ぶ大谷翔平投手がエンゼルスに加入。近年は故障の影響からDHでの出場が多かったものの、プホルスは一塁での出場が増えると見られている。ゴールドグラブ賞受賞2度を誇る名手の本当の胸の内は、どのようなものなのか。さらに、通算本塁打で残り100本と迫っている「野球の神様」ベーブ・ルース、そして、マリナーズ復帰が決まった2001年新人王の“同期”イチロー外野手への思いとは――。メジャー史に名を残す大打者に直撃した。

――開幕まであと20日間となったが調整は?

「スプリングトレーニングもあっという間に過ぎているし、調整も進んでいる」

――コンディションが近年で一番いいようだが?

「近年は足の手術などもあり、思うようにトレーニングができなかったが、今年は通常のオフシーズンを送ることができ、健康でいられたから思うような調整もできた」

――大谷が新しいチームメートとなった。第一印象は?

「彼はいい選手だ。アメリカへの適応の段階だが、いい具合に慣れてきている。彼は才能もある」

――大谷は二刀流に挑戦するが?

「簡単なことではない。しかし、彼がずっとやってきたことなので、いつも通りのルーティーンで方法を見つけるはずだ。今のところ、うまくやっていると思う」

ベーブ・ルースは「意識しない」、イチローは「一流の選手」

――大谷の加入により、今年は一塁を多く守ることになりそうだが?

「いつでもそうだけど、大谷が来ようが来まいが、一塁でプレーがしたい。一塁の守備が好きだし、健康状態もいい」

――大谷のポテンシャルについて。今のところのプレーを見てどう思う?

「彼の登板はあまり見ていないが、非常にいいと聞いている。彼の打撃もチームを助けてくれると思うし、みんな期待しているよ」

――通算614本塁打でベーブ・ルースの記録にあと100本となったが、あなたにとってベーブ・ルースとは?

「あまり意識はしていない。今は自分ができることをして、あまり数字を目標にしていない。もちろんベーブ・ルースは歴史的にもすごい選手だと思う。でも1日が終わって、健康にプレーができたら幸せなことだよ」

――マリナーズとイチローが契約に達した。

「とても嬉しく思うし、楽しみだね。彼はアメリカに来てから様々なことを達成してきたし、さらにこれから成し遂げることが楽しみだよ。彼は一流の選手だ。日本から来た初日から注目しているが、これからも対戦することも楽しみだ」

――イチローも達成した3000本安打は目の前に迫っている。

「とても大きな数字だし、嬉しい。でも、今はあまりそこを意識せず、日々いいプレーができるように準備をしているよ」

――あなたとイチローという2001年に新人王を取った2人が、ともに殿堂入りすることになるはずだ。実現すれば、史上4組目となる。

「そういう話が出ていることは嬉しく思うけど、今はまだ自分がこれからできることに集中しているんだ。このような機会をもらえたことを神に感謝したい」

――今年の目標は?

「ワールドシリーズの優勝だ! それしかない!」(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

Full-Countの独占インタビューに応じたエンゼルスのアルバート・プホルス【写真:盆子原浩二】