ポルトガルのプリメイラ・リーガ第26節が11日に行われ、MF中島翔哉が所属するポルティモネンセがヴィトーリア・ギマランイスと対戦。中島は先発メンバーに名を連ね、チームの先制点を演出する活躍を見せた。

 18分にクリアボールを拾った中島は、中央へとボールを運んでからゴール前に走り込んだウェリントン・カルヴァーリョにスルーパスを通して先制点をアシスト。チームは22分に同点に追いつかれたものの、ギマランイスが30分に退場者を出したことで数的優位に。その後、ポルティモネンセは59分に勝ち越し点を奪っている。

 試合は2-1で終了し、ホームで勝利を飾ったポルティモネンセは連敗を2で止めている。中島は先発フル出場を果たし、アシストを記録してチームの勝利に貢献している。

 次節、ポルティモネンセは16日にアウェイでヴィトリア・セトゥーバルと対戦する。

先制点をアシストした中島翔哉 [写真]=Getty Images