テレビ朝日系3月25日(日)に「日曜ワイド」で放送される「明日への誓い」の原案を演する萩原健一が手掛けたことが分かった。芸活動51の挑戦となった萩原が、特別な思いを明かした。

【写真を見る】アクションに挑んだ萩原は、「トレーニングはクランクインする前は毎朝2時間。起床したらストレッチして自転車を漕いで、お風呂に入るという生活です」と打ち明ける

ドラマは、元刑事という異色の経歴を持つ牧師・神谷将太郎(萩原)が、かつて自分が逮捕した元殺人犯・村田慎一(村上)と共に奇妙なを繰り広げるロードムービーの趣きもそなえたヒューマンドラマ

将太郎は、亡き妻との約束を守って刑事を辞め、妻の実家である教会を継いで牧師となった男。ある日、彼のもとに役を終えた元殺人犯・村田が訪ねて来るのだが、村田は10年前、将太郎が刑事を辞めるきっかけを作った、“因縁の人物”でもあった。

故郷の母親に顔を合わせる勇気がないから同行してほしいという村田の願いを聞き入れた将太郎だが、実は村田はある“企み”を隠していて…!? そんな村田の“罪”に気づいた将太郎は、彼を出頭させるべくを続けていく…という物語となっている。

萩原が作品の根底に込めたのは、“憎しみからは何も生まれない”という強い思いだという。「調書を取るうちに、刑事犯人を憎んでしまうことがあると思う。でも生まれたときからすべてが悪い人はいないわけだから、反した犯人に、人生はやり直せる事を教える元刑事がいてもいいんじゃないかと思ったんです」と、企画誕生のきっかけとなった思いをる。

そんな萩原現在、脚本や構想を何篇も書き溜めているそうで、「グループサウンズ解散後、脚本の勉強をしたいと思って…」と、実は“書く”という表現にも強い思い入れを持っているという。

本作では脚本作りに深く関わっただけでなく、本読みリハーサルなどを丁寧に行い、自らの原案の“立体化”に加わってきた。「やはりキラリる作品は丁寧な作業から生まれるものであり、苦労を重ねてこそ育つものだと思います。この作品では脚本の作り方もそうですが、昨今の現場で忘れかけられがちな作業をもう一度やり直したらどうかなと思い、本読みリハーサルもきちんと重ねていきました」と作品作りを振り返る。

撮影では、村田を追いかけて列車の中を走り回るシーンや、若者たちとのトラブルに巻き込まれる場面など、萩原アクションも軽々と披露。デビュー51にして体、気ともに全開で作品に臨む萩原は、「やり残していることがいっぱいあるからですね。書き溜めたものを世に出してあげたいという思いがあるんですよね」とそのエネルギーを明かすと、ニヤリ。最後には、いたずらっ子のような笑みを浮かべながら、「まだまだ見せまっせ~!」と視聴者に向けてメッセージ。そして、「50年の芸活動でもいろいろな経験を積んできましたが、それを皆様にお見せするのはの性なのでしょうね!」とった。

ほか、共演は笛木優子田中幸太朗河井青葉内田慈、宮崎竹中直人ら。

■ 「明日への誓い」あらすじ

神谷将太郎(萩原健一)は刑事を辞め、亡き妻の実家である教会を継いで牧師となった男。彼が刑事を辞したのは、村田慎一(村上)という殺人容疑者の逮捕がきっかけだった。村田リストラされて自暴自棄となり、面識のないサラリーマン差別に刺殺した容疑がかけられていた。取り調べに当たった将太郎は、身勝手な言い分を繰り返すだけの村田に半ば憎しみすら感じながら送検したのだった。

ところが1年後、驚くべき事実が発覚した…! 被害者の妻・小宮紗季(河井青葉)と村田は事件の前から頻繁に会っていたことがわかったのだ。DVに悩んでいた紗季村田に頼んで夫を殺してもらったものと思われたが、立件できるほどの拠はなかった。村田への憎しみから捜を見誤った自分への悔恨もあり、将太郎は中の村田を訪ねて「お前を助けたい。出所したらを訪ねてこい」とりかけ、その直後に警察を去ったのだった。

それから10年――。牧師の仕事についてきた将太郎の前に、あのときの約束どおり、出所した村田がひょっこり現れた。故郷に帰りたいが母親に会うのが怖いという村田は、将太郎についてきてほしいと頼み込む。

村田の願いを聞き入れ、同行を快諾した将太郎。村田が運転してきた調子が悪く、将太郎のに乗りかえて、2人は出発する。将太郎は、検事として働く子(笛木優子)に「古い友人とに出ます」とだけメールを残して…。

その頃、子の夫・篠原幹夫(田中幸太朗)の在籍する警視庁一課は、に発生した3億円強奪事件の捜で立て込んでいた。強盗犯が乗り捨てた逃走車両が発見された場所を聞き、幹夫はを疑う。なんとそこは将太郎の教会駐車場だったのだ…! 将太郎は事件に巻き込まれたのか、それとも強盗に関与しているのか、捜一課も騒然となるが…!?(ザテレビジョン

「日曜ワイド」枠で放送される「明日への誓い」で原案&主演を務めた萩原健一