2001年の渡米から11年間所属した古巣・シアトル・マリナーズに6年ぶりに復帰することが決まったイチロー。さっそく、マリナーズのユニフォームを着て練習する姿が日本でも映像となって届いているが、やはり着こなしが違う。やけに“しっくりくる”と言っていいかも知れない。

「入団早々の“レーザービーム”や4年目のメジャー記録を84年ぶりに更新した“262安打”、さらに“イチメーター”の女性ファン・エイミーさんとの交流など、特にメディアを通して目にしてきたのは、マリナーズのユニフォーム姿のイチローですからね」(エンタメ誌ライター)

 この思わぬサプライズに心を躍らせているのが、イチローものまねでお馴染みの芸人・「ニッチロー’」。ブログでは〈ワクワクが止まりません笑〉と復帰を喜んでいる様子で、さらに〈今持ってるマリナーズのユニフォームと少しデザインや素材が違うし、新たに入団ということで新しくユニフォームを買い直します〉という意気込みだ。また〈明日の仕事からマリナーズバージョンで行きます〉ともつづり、以前のマリナーズのユニフォーム姿の写真も掲載していた。

「ニッチロー’のイチローに対するリスペクトは並々ならぬものがあって、ひとつは『イチロー以外にネタを増やさない』『球場などでサインをもらいに行くなど、接触しようとしない』『自分がイチローと間違われるような仕事をしない』などの自戒を持っているとか。それゆえ、イチロー本人がニッチロー’をどう思っているかわかりませんが、それに対する自戒として、テレビ出演だけでなく、雑誌などに掲載する際は写真だけで使われないように、近くに『ニッチロー’』と入れるようお願いをしているそうです。ユニフォームもレプリカではないオリジナルも特注していて、背ネーム『NICCHIRO』、背番号は『5.1』と変化を付けたもので仕事をしています。それだけの思いがあるのだから、昔のユニフォームを使い回すのではなく、新調するというのも納得です」(前出・エンタメ誌ライター)

 イチローの古巣復帰を喜ぶ声は、日本にも多い。思わぬ特需で、ニッチロー’を見かける機会が増えるのかも知れない?

アサ芸プラス