第1打席の「21歳差対決」で快音、オープン戦の打率は.143に

 エンゼルスの大谷翔平投手が11日(日本時間12日)、アリゾナ州テンピでのオープン戦レンジャーズ戦に「8番・DH」でスタメン出場。12打席ぶりのヒットを放ち、3打数1安打だった。

 第1打席は2回2死一塁。レンジャーズの44歳右腕バートロ・コロンとの「21歳差対決」で、カウント3-1から一二塁間を抜けるライト前ヒット。オープン戦は12打席ぶり、2本目の安打となった。コロンは昨年までメジャー最年長選手で、今年はマイナー契約でレンジャーズのキャンプに招待選手として参加中。メジャー昇格を果たせば今年もイチローを上回る最年長選手となる。

 第2打席は右腕スコットと対戦し、カウント1-2から外角低めへのボールに空振り三振。7回の第3打席は2点リードの6回2死一、二塁の好機で右腕ゴーデルの初球を打つも、一ゴロに倒れた。

 エンゼルスは4-3で勝利。打者デビューの試合以来となる2本目のヒットをマークした大谷は、3打数1安打でオープン戦の打率は.143となった。(Full-Count編集部)

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】