2018年3月30日(金)にいよいよ書籍「ガンダムホビーライフ012」が発売! 最新号は可変機特集となっています。最新号が発売間近ということで、これまで「GHL」の表紙を飾ってきた珠玉のガンプラ作例をご紹介! 今回紹介するのは『機動戦士ガンダムUC』の「RX-0 ユニコーンガンダム」。デストロイモードでのかっこよさをさらに追求するべく、変身ギミックをオミットして各部を徹底改修した本機体に注目です。

※バックナンバー

『機動戦士ガンダム』よりガンプラ「MG RX-78-2 ガンダム Ver.2.0」をフルハッチオープンモデルに!書籍「ガンダムホビーライフ001」表紙作例(再掲載)

『ガンダム・センチネル』プロポーションを徹底改修したガンプラ「MG MSA-0011 Sガンダム」が出撃!書籍「ガンダムホビーライフ003」表紙作例(再掲載)

RX-0 ユニコーンガンダム

※初出:ガンダムホビーライフ004号/記事内容は雑誌発売当時のものです。


●はじめに
作例としては過去にいくつも発表されているので、ここではデストロイモード固定でのプロポーションを優先しました。目指すイメージはカトキハジメさんが描かれる設定画のイメージ。ただ完全再現というよりはあくまでイメージ重視で……。それでは各部解説です。
●製作
一見して小さい頭部。形状自体は悪くないのでフレーム部分で1ミリ幅増し。側頭部は左右それぞれ0.5ミリ幅増し。ヒサシ、後頭部は一度中央で切断して1ミリ幅増し後形状を整えています。
フェイス部はポリエステルパテから削り出し。側頭部バルカンはモールドが甘く感じたので、プレーンな「Ver.ka」のものを使用し砲口を彫り込んでシンチュウパイプで制作した砲身を埋め込んでいます。首は上部をイエローサブマリン「関節技(小)」に変更、下部を1ミリほど延ばしています。
設定画だと意外なほど胸~腹部のメリハリが効いている胴体。今回は腹部を詰めてそれを再現します。まずは腹部上節。裏打ち後外側からギリギリまで削り込みシェイプ。腹部下節はフレームを3分割。幅詰め後、サイコフレーム、外装も同様に幅詰めします。腹部前面の白い外装も小振りに形状変更。胸との接続はイエローサブマリン「関節技」に変更。フロントアーマーも少し大きく感じたので、フレームから切り詰め縦に小さくしています。
肩は設定画と比べて少し小さく見えます。今回はデストロイモード固定ですので、変形無視で大げさなぐらいに大型化してみました。まずは上部装甲を取り付けるフレーム部分をカット。5ミリほどかさ上げし再接着。上部外装は切断後左右へ4ミリ幅増し。下部外装は切断後左右へ4ミリ幅増し+下部を1.5ミリ幅増し。サイコフレームは上方へ3ミリほど継ぎ足したあとモールドを再現。胴体側の受け軸も5ミリほど上方へ。その際干渉する外装は切り欠いておきます。
腕部はキットだと胴体から離れすぎている気がしたので、肩内部の腕フレームをギリギリまで切り詰め再接着。上腕も設定に見られる肩下部との位置関係を見比べると長い気がします。よって上部で1.5ミリほどカット。フレームもそれに準じます。
脚部はやはり長い! それがデストロイモードの特徴といえば特徴なのですが……。個人的にはユニコーンモードでヒールアップしたぐらいのバランスが既存のMSのバランスとしてちょうどよいと思えました。なので、太ももは伸長させずに切り欠きを広げデストロイモードを再現します。股間もユニコーンモードの位置で。
●塗装&デカール
やはりキモはサイコフレームの表現でしょう。いろいろ考えた挙句。クロームシルバー→レッドパールを吹いた上に、ガイアノーツ「ガイアカラー」の蛍光ピンク+スーパークリアーで仕上げました。エッジ部分や角度によって蛍光色が浮かびよい感じになったと思うのですが、誌面でどこまで伝わりますか……。デカールは「ガンダムデカール」ですが、1/100のものだとオーバースケールに感じるので、1/144のものを使用。大判のもののみ1/100のものを使用しました。

※初出:ガンダムホビーライフ004号/記事内容は雑誌発売当時のものです。

カラーリングデータ

本体白…GX1番・クールホワイト

本体青…80番・コバルトブルー2番・ブラック1番・ホワイト

関節…13番・ニュートラルグレー2番・ブラックGX3番・ハーマンレッド:少量

サイコフレーム…クロームシルバー(フィニッシャーズ)→153番・レッドパール→蛍光ピンク(ガイアカラー)+スーパークリアー(ガイアカラー)

※特に表記のないものはGSIクレオスの「Mr.カラー」

DATA
MG RX-0 ユニコーンガンダム

プラモデル

1/100スケール

発売元:バンダイ

価格:5,000円(税別)

発売中

「GHL004」はユニコーンガンダム(デストロイモード)、シナンジュに加え、デルタガンダム、バイアラン・カスタム2号機、そしてガンダムMk-Vなどの作例が登場。電子書籍版もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

>>ブックウォーカー電子書籍「ガンダムホビーライフ004」ページ


また、最新号の「ガンダムホビーライフ012」も絶賛予約受付中! Zガンダム、バウ、メッサーラなど人気の可変MSが巻頭特集を飾っています。そのほか、MAX渡辺氏&鳥山とりを氏の師弟対決など見どころ満載の1冊となっているのでお見逃しなく!

>>「ガンダムホビーライフ012」Amazon予約ページ


関連情報

バンダイホビーサイト

ガンダムホビーライフ 012

MG 1/100 RX-0 ユニコーンガンダム (機動戦士ガンダムUC)

Mr.カラー C80 コバルトブルー

Mr.カラー C1 ホワイト

Mr.カラー C13 ニュートラルグレー

Mr.カラー GX GX3 ハーマンレッド

フィニッシャーズカラー・クロームシルバー

ガイアカラー102・蛍光ピンク

関連記事

『機動戦士ガンダム』よりガンプラ「MG RX-78-2 ガンダム Ver.2.0」をフルハッチオープンモデルに!書籍「ガンダムホビーライフ001」表紙作例(再掲載)

『ガンダム・センチネル』プロポーションを徹底改修したガンプラ「MG MSA-0011 Sガンダム」が出撃!書籍「ガンダムホビーライフ003」表紙作例(再掲載)

 
書籍「ガンダムホビーライフ」振り返り特集「RX-0 ユニコーンガンダム」編をお届け!デストロイモード固定でアニメスタイルを徹底追求した本機体をチェック!