ニンニク料理といえば、『ガーリックトースト』『ペペロンチーノ』『ガーリックライス』などがあるだろう。お酒好きの皆さんであれば、おつまみとして『ニンニク素揚げ』『ニンニクホイル焼き』なんかも楽しんでいるのでは? そこで今回は、ニンニク料理を美味しく作るコツ、ちょっとしいニンニク料理のレシピ、ニンニクを調理する際気をつけたいことを、料理研究小山有希さんに教えていただいた。

ニンニク料理を美味しく作るコツ

料理を作る身としては、使った材料は余すことなく使い切りたい。というのも、『ニンニク素揚げ』を作る際は、残ったオイルも有効活用できるという。

ニンニク素揚げといえば、オリーブオイルまたはごま油などでニンニク素揚げし、コショウで味を付けていただくと思いますが、皆さん素揚げで使ったオイルはその後どうしていますか? 残ったオイルは、パスタや炒め物などに利用すると、料理に深みが出て美味しくなりますよ」(小山さん)

しかし、料理工程においては、思い切って調理したほうがいい場合も――。たとえば、『ニンニクホイル焼き』については、小山さんが以下のようにアドバイスをする。

ニンニクを皮が付いた丸のままホイルに包んで、トースター、またはオーブンで焼き上げる作り方がオーソドックスと思いますが、ニンニクの上の部分を少しカットしておくと、食べる時に取り出しやすいです」(小山さん)

しいニンニク料理

次にしいニンニク料理の作り方について、引き続き小山さんに聞いた。まずは、『ガーリックスープ』『バーニャカウダー』の作り方から。

「『ガーリックスープ』は、おろしニンニク玉ねぎみじん切りをバターで炒め、牛乳を加えてコンソメこしょうで味付けをします。『バーニャカウダー』も簡単ですよ。オリーブオイルみじん切りニンニクを炒め、アンチョビペーストを加え炒めながらしっかりと混ぜ、牛乳を加えます。お好みのゆで野菜を添えましょう」(小山さん)

続いて紹介されたのは『ガーリックシュリンプ』だ。

「『ガーリックシュリンプ』もオススメです。ニンニクみじん切りをバターで炒め、香りがたってきたら玉ねぎみじん切りを加えてさらに炒め、下処理をした海老を加え炒めます。こしょうで味を調え、お好みで上からパセリをふりましょう」(小山さん)

ビールと一緒に食べたくなる一品である。

ニンニクを調理する際気をつけたいこと

ニンニクを調理する際、気をつけたい点はあるだろうか?

「調理するとき、ニンニクの芽は辛味や苦味の原因になるので、縦に切って芽を取ることをオススメします」(小山さん)

ちなみに調理時、手にニンニクの臭いがつきにくくする方法はないのだろうか。

ニンニクを冷凍させてから使うと、皮が剥きやすいうえ、手にニンニクの汁がつきづらくなります。結果、臭いもつきづらくなりますよ」(小山さん)

反対に、手についたニンニクの臭いを落とすにはどうしたらいいのだろう……?

「手に付いてしまったニンニクの臭いは、ステンレス石鹸などで洗うのがオススメです。もしなくても、シンクやボウルなどステンレスなら同様の効果が期待できます」(小山さん)

ニンニクにまつわる情報をマルっとご紹介したが、いかがだっただろうか。普段サブとして使っていた方も、ニンニク好きな方も、ぜひプロアドバイスを参考にしながらニンニク料理を味わってみては!?

なお、「教えて!goo」では「ご飯がすすむ!ニンニクの練り味噌の作り方」の記事も開中。気になる方はこちらもチェックしてみて!

専門プロフィール小山有希さん
アドバイザー、ハーブコーディネーター、食育アドバイザー、パン講師。「美味しく食べて、健康に美しく」「医食同」をモットーとしたレシピを得意とし、栄養バランスはもちろん、味にも見たの美しさにも定評があるテレビ出演のほか、健康や美をテーマとした書籍・雑誌・WEBサイトのレシピ考案・監修など幅広く活躍。著書に『こうや豆腐&粉豆腐健康・長生きレシピ』(日東書院本社)、『豆乳ヨーグルト』(日本文芸社)がある。

柚木深つばさYukimi Tsubasa

ニンニクがメイン料理になるレシピ