昨年末、クラウドファンディングで支援を募っている時にJapaaanでも紹介させていただいた、「江戸」「かぶく」「現代」をテーマにした雑誌「ぶ ー江戸かぶく現代ー」が3月9日に遂に創刊されました。

このイラストにピンときた方もいるかと思いますが、ボールペン一本で圧倒的な表現力を魅せるSHOHEI(大友昇平)さんが表紙を手がけるという、豪華な創刊号となっています。

雑誌「ぶ ー江戸かぶく現代ー」のコンセプトは、ステレオタイプな”伝統文化”は、私たち日本人には見飽きている部分があるともいえる現在、革新的な表現者たちが強烈な表現を始めており、この雑誌ではそういった表現者たちの作品をインパクトある写真やインタビューを通して紹介するというもの。

創刊号の特集は、そのコンセプトがみごとに形になった内容になっています。創刊号の中身は、パンクバンド「切腹ピストルズ」のライブ写真&インタビューや、モデルの秋本梢さんをファッションディレクターに迎えて、8名のミューズが登場する「浮世絵現代」などのビジュアルページなど超豪華。

さらに、染織史・服飾史研究家の丸山伸彦教授の江戸文化論や、菱川師宣の遅咲きのアーティスト論など、これまでの日本文化に関連した読みもの系なども掲載されているので、ビジュアルだけにはとどまらない視点から、これまで&これからの和文化を楽しめるのではないでしょうか。

新・和文化雑誌『ぶ -江戸 かぶく 現代-』は、3月9日(仏滅)に創刊。価格は2,500円(税込)。全国の取扱店、またはオンラインで販売されています。

新・和文化雑誌『ぶ -江戸 かぶく 現代-』

 
関連画像