“復帰戦”は「1番・左翼」で3打数無安打「初日にしては強い打球を飛ばしていた」

 マリナーズに復帰したイチロー外野手が11日(日本時間12日)、アリゾナ州ピオリアでのレッズ戦でオープン戦初出場。「1番・左翼」で3打数無安打2三振ながら、3打席で相手投手に計20球を投げさせた。鋭いライナーもあり、スコット・サービス監督は「とても良く見えた」と評価。また、シーズン中には下位打線で起用する方針も試合前に明らかにしている。

 試合前、イチローがカートに乗ってグラウンドに登場すると、球場は大歓声に包まれた。ファンが待ちに待った“復帰戦”。3打席で無安打だったが、第1打席の最後の1球は自信を持って見逃した結果の三振。球場からはブーイングが起こるなど、微妙な判定だった。さらに、第2打席はしっかりと捉えたレフト正面へのライナー。空振り三振に倒れた第3打席も、4球目はわずかにファールゾーンへと切れるライト線へのライナーと、内容は充実していた。

 サービス監督は「とても良く見えたね。初日にしては強い打球を飛ばしていた。そして、ストライクゾーンもうまく見えていた」と確かな手応えを感じた様子。そして、「明日もまた試合に出る」と、12日(同13日)のホワイトソックス戦の出場も明言した。

シーズン中は下位打線で起用へ、「彼の経験に基づくことを聞いていきたい」

 試合前には、初めて背番号51が入ったラインナップに「イチローが加わってくれたことを嬉しく思う」と話していた指揮官。打席数をこなす必要があるオープン戦ということで、“定位置”の1番に入れたが、シーズン中の起用法はすでに頭に描いているようだ。

「おそらく下位打線を打つことになるだろう。上位は固めておきたい。ディー(ゴードン)は調子が良い。そして、イチローはそれを理解している。彼はチームを勝たせるために何が必要かを理解し、してくれることがとても多い。周りに良い影響を与えたり、良い守備をしたり、ヒットを打ってくれると思っている」

 マーリンズで多くの若手がイチローを慕っていたように、戦力としてだけでなく、偉大な選手としてチームへの影響力の大きさに期待し、「他には、彼の経験に基づくことを聞いていきたい」とも。もちろん、まだ加入したばかりだけに、指揮官は「まずは彼にもう少し慣れてほしい。走塁面などで彼に助言をもらったりはしている。だが、まずは慣れることだ」と言う。その存在感は、さらに大きくなっていきそうだ。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

大歓声を浴び打席に立ったマリナーズ・イチロー【写真:盆子原浩二】