株式会社環境システムヤマノ(福島県須賀川市長沼字町頭5-1代表取締役板鼻幸作)は 人力による除雪作業中の転落死や屋根からの落雪による災害を防ぎ、世界初の雪国特有の融雪エネルギー代をゼロにする融雪機能付き太陽光発電システムを開発し、東北6県及び全国降雪地域にて発売開始しました。

報道関係者各位

降雪地域においては家族総出の雪下ろしに冬期間を費やしています。近年においては、若者の減少で過疎化が進み、高齢者による屋根雪処理中の転落死亡事故や落雪による近隣とのトラブルが多発しています。更には、人手不足で賃金が高騰、屋根の雪下ろしが進まないことによる家屋の倒壊も起きており、その後処理もままならないのが現状です。(南会津町にて幼稚園児が落雪の下敷きにより死亡する痛ましい事故も発生しています。)

この雪下ろしを非人力化する方法として、これまで融雪ヒーターや化石燃料による不凍液循環融雪システムを導入している家庭・自治体が多数ありますが、二酸化炭素の排出といった環境負荷や化石燃料の変動による融雪費用の負担が増大し、毎年春になると跡形もなく消える雪に多額の費用と労力を掛けているのが現実であり経済的損失も多大です。

このような状況に対し、降雪地に単結晶太陽光発電パネルメーカーが融雪機能を付加することにより販路を広げようと取り組んでいますが、東西南北の屋根全体の融雪が考慮されず、いずれも即効性に乏しく落雪の危険性を伴っている状況となっています。

そもそも、雪国では積雪により太陽光発電には不向きと言うのがこれまでの常識でした。これを解消するため、雪の降る地域に貢献できる単結晶太陽光発電パネル及びアモルファス太陽光発電パネル※1の地産地消型融雪装置として国立研究開発法人・産業技術総合研究所 (シーズ支援)に公募し採択され、また、福島県産総研連携再生エネルギー補助事業にも採択されました。その成果は、第61回 福島県発明展 福島県知事賞を受賞し、いよいよ本年発売開始となりました。


※1 アモルファス太陽光発電パネルは、すでに終わったと公言する学者もいますが、単結晶太陽光発電パネルとアモルファス太陽光発電パネルの発電能力を比較するとまるで正反対の性質を持っており、単結晶は外気温度が低温でアモルファスは高温で発電能力が発揮され、また単結晶は南向きアモルファスは北向きでも明るさがあれば発電能力は十分に発揮されます。この性質をお互いに活かすことにより多くの効率を生むことができるのが融雪太陽光発電システムの特徴です。
 融雪機能付き太陽光発電システム施工費については、1m2 当たり6万円~8万円 (屋根形状により異なりますので
事前に要相談となります)になりますが年間の太陽光発電量により施工費用も還元されます。
株式会社 環境システムヤマノ
福島県須賀川市長沼字町頭5-1にて発売開始

配信元企業:株式会社環境システムヤマノ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ