タレントのベッキーが出演するテレビCMが2月23日から流れている。米ビーツ・エレクトロニクス社の首掛け式イヤホン「BeatsXイヤフォン」のCMで、ベッキーが街やイベントで同製品を使っている様子が描かれているものだ。

「ビーツ・エレクトロニクス社は08年にラッパーとレコード会社の会長が共同で立ち上げた会社で、主にヘッドフォンやイヤホンを手がけています。14年にアップルが買収しました。世界的におしゃれなブランドとして認められています。ベッキーはそんな会社の商品CMに起用されたわけで、タレントとして株を上げた。今回の出演は不貞騒動で傷ついたイメージを回復するのに十分と言っていいでしょう」(大手広告代理店CMプランナー)

 ファンからもおおむね好評で、「ベッキーのおしゃれ感が伝わる」「かわいいCM」との声が上がっている。だが、一方では「まだ懲りてないのか」との批判も飛び出している。

「その理由はBeatsXイヤフォンが音楽関係の商品だからです。ご存知のとおりベッキーは『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音と不貞関係になり、芸能界から追放されかけた。それに懲りていれば、当時のことを思い出させる音楽関係の商品CMには出ないのが普通です。少し軽率というか、時期尚早だったかもしれません」(週刊誌記者)

 ベッキーは不貞騒動時に話題になったLINEのCMに出演したこともある。だがこの時は「いい意味での悪ノリ」で済んだ。だが今回は簡単にコトを済ますことはできないかもしれない。

アサ芸プラス