3月4日女優ののんが都内で「共創で進む東北プロジェクト」の成果報告会に参加した。

 連ドラあまちゃん」(NHK)で一世をしたのち、所属事務所とのトラブルが発生し、立った活動ができずにいるのん。しかし、まさにその「あまちゃん」の舞台となった東北地方とは、撮影後も強いで結ばれている。イベント後には、宮城県仙台市出身で五輪連覇を果たしたフィギュアスケート羽生結弦選手について聞かれる場面も。

「その時のコメントが一部の羽生選手ファンを刺してしまったようです。のんは平昌五輪フィギュアスケートを見ていたそうで『(フィギュアスケートを)したこともないのに勝手に闘争心を燃やしていて、負けられないと思います。同年代として』とコメント。『勝てそうですか?』とかれると『今のところ難しいなあという感じではあるんですけど、勝てる余地はあると思います』と返答。さらに、表現については『絶対に勝てます』としました。もちろん俳優としての表現という意味ですが、熱狂的な羽生選手のファンからは『メダリストに対して失礼』『羽生選手に並ぼうなんて厚かましい』など、厳しいもあがっていました」(芸ライター

 羽生選手の演技とともに、インタビューの受け答えにも感銘を受けたという、のん。東北を応援する表現者同士、切磋磨していってほしい。

伊藤その子)

アサジョ