車屋紳太郎

生年月日:1992年4月5日(25歳)
身長・体重:178cm・73kg
出身地:熊本県

所属クラブ:川崎フロンターレ
ポジション:DF
背番号:7
利き足:左
経歴:長嶺中→大津高→筑波大→川崎フロンターレ

第3節:川崎フロンターレ 2-0 ガンバ大阪

 左サイドバックで先発出場することが多いが、G大阪との一戦では同郷の先輩・谷口彰悟とともにセンターバックを形成した。試合は終始川崎が主導権を握る展開となったものの、素早い危機察知能力と体を張った守備で相手攻撃陣をシュート2本に封じ込め、完封勝利に貢献。本職ではないポジションでも好パフォーマンスを見せた。

和田拓也

生年月日:1990年7月28日(27歳)
身長・体重:170cm・63kg
出身地:神奈川県

所属クラブ:サンフレッチェ広島
ポジション:DF
背番号:33
利き足:右
経歴:明治サッカースポーツ少年団→ヴェルディJrユース→東京ヴェルディユース→東京ヴェルディ→ベガルタ仙台→大宮アルディージャ→サンフレッチェ広島

第3節:鹿島アントラーズ 0-1 サンフレッチェ広島

 東京Vの育成組織出身で、東京V、仙台、大宮でプレー。今季から広島の一員となった。鹿島戦も右サイドバックのポジションで先発すると、51分に相手のクリアボールをエリア内でカット。巧みな切り返しから右足を振り抜き、鋭いシュートをニアサイドに決めた。広島移籍後初ゴール、そして嬉しいJ1初ゴールはこの試合の決勝点となり、開幕3連勝の立役者となった。

アンドレ・バイア

生年月日:1983年11月24日(34歳)
身長・体重:182cm・85kg
出身地:ブラジル

所属クラブ:湘南ベルマーレ
ポジション:DF
背番号:4
利き足:左
経歴:フラメンゴ(ブラジル)→パルメイラス(ブラジル)→フェイエノールト(オランダ)→サムスンスポル(トルコ)→ボタフォゴ(ブラジル)→湘南ベルマーレ

第3節:湘南ベルマーレ 0-0 名古屋グランパス

 開幕2連勝と勢いに乗る名古屋をホームに迎えた一戦。大物助っ人として脚光を浴びるジョーと熱いマッチアップを繰り広げた。身長ではジョーが10cmも上だが、臆することなく挑み続け制空権を渡さず。試合はスコアレスドローに終わり勝ち点1に留まったが、アンドレ・バイアを中心とした守備陣の奮闘が光っていた。

和田(中央)の得点で広島が鹿島を下した [写真]=J.LEAGUE