教育コンサルティング&クラウドサービス事業を行う株式会社サマデイ(本社:東京都千代田区六番町、代表取締役:相川秀希)は、自社が開発・提供しているSNS型eポートフォリオ「Feelnote(フィールノート)」が持つ特許技術(特許第6028123号)や、学びの環境を世界につなげるプラットフォームとしての役割をもって、日本の教育改革に貢献するため、2018年より公教育向けに同サービスの無償提供を開始しました。当初は自社が主催する「教育ポートフォリオ」研究会へのこれまでの参加校のみを対象にエントリーを募ることとし、このたび、教育改革推進協議会による検討の結果、本プロジェクトを協働する初期30校が決定しました。プロジェクトの加盟枠は、今後、取り組みの状況を見ながら広げていく予定です。
■サービス無償化の背景
現在進行している教育改革において、eポートフォリオは、大学入試改革のモデルに組み込まれるなど、大きな役割を担っています。グローバル社会を生き抜く人財を育成する目的で構想された教育改革・入試改革が、どのような方向性で実現していくかは、このeポートフォリオのありようによって決まると言っても過言ではありません。例えば、このツールが、国内でのみ通用するものであるか、グローバルスタンダードであるかは、後に決定的な違いを生む可能性があります。
そこで、世界標準の入試プラットフォーム「Universal College Application」と接続しているSNS型eポートフォリオ「Feelnote」が、eポートフォリオにおける重要な技術において新たな特許を取得したことをうけて、本特許技術を広く公教育の現場に提供することで、あるべき方向へと改革を推進する一助とするため、このような考えに賛同する学校を募り、サービスを無償提供することを決定しました。

■プロジェクトの今後の方向性
無償提供による規模拡大を目的とするのではなく、eポートフォリオの本質的な意義・価値を深め広げるため、初期段階においては、深い連携・協働が可能な学校との取り組みを推進します。そのため、現段階では、教育改革推進協議会の研究部会「教育ポートフォリオ」研究会(www.activelearning.or.jp/studygroup/)への参加校のみを対象としてプロジェクトへの加盟エントリーを募り、同協議会による検討を行った上で、導入校を30校(全国各地の私立学校・公立学校)に絞っています。
初期30校には全国各地の公立・私立中高、大学が含まれており、それぞれの状況・立場により解決すべき課題や得られる学びの効果などが異なる可能性があります。同時に、環境が違っていたとしても共有できるナレッジもあるはずです。このような前提に立って、現場で実践的な取り組みを進めながら、定期的に相互の経過報告を行っていく予定です。また、経過発表にあたっては、他校も参加可能なシンポジウムの開催を検討しています。
なお、本プロジェクトへの加盟希望の受付は、現30校の取り組み状況を勘案しながら、2018年4月以降に折を見て再開します。

■プロジェクト加盟校(2018年3月現在)
  • アサンプション国際中学校高等学校
  • N高等学校
  • AICJ中学・高等学校
  • 大妻中学高等学校
  • 大阪教育大学附属高等学校 池田校舎
  • 三田学園中学校高等学校
  • 関東国際高等学校
  • 海陽中等教育学校
  • 公文国際学園中等部・高等部
  • 啓明学院高等学校
  • 高知県立高知小津高等学校
  • 甲南高等学校
  • 品川女子学院
  • 自由ヶ丘高等学校
  • 青翔開智中学校・高等学校
  • 東京学芸大学附属国際中等教育学校
  • 東京都立日野台高等学校
  • 東京都立淵江高等学校
  • 東洋英和女学院中学部・高等部
  • 獨協埼玉中学高等学校
  • 富山国際大学付属高等学校
  • 中村学園三陽中学校・高等学校
  • 日本大学三島高等学校・中学校
  • 八戸工業大学第二高等学校
  • 日出学園中学校・高等学校
  • 広島女学院中学高等学校
  • 文化学園大学杉並高等学校
  • 都城東高等学校
  • 早稲田摂陵中学校・高等学校
  • 立命館大学 学術情報部 他

■Feelnote
SNS型eポートフォリオ「Feelnote」(www.feel-note.com)は、SNSで体験をシェアする感覚でライフログを蓄積することで、気軽に一生モノのポートフォリオが作成できるシステムです。現在、文部科学省/JASSO「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」や中高一貫校などに在籍する国内の中高生、大学生に活用されています。ハーバード大やプリンストン大など、米国の有名大学が採用し、日本の大学に展開予定の入試システム「Universal College Application」と連携する公認システムでもあります。2018年1月より、iOS、Android対応のアプリをリリースし、新機能の追加等、継続的な開発を行っています。

■株式会社サマデイ
本 社:〒102-0085 東京都千代田区六番町12-6
代表者:代表取締役社長 相川秀希
設立年:1979年
URL:http://www.samadhi-group.com/
事業内容:
・人財開発・研修事業
・教育コンサルティング事業
・教育システム企画・開発事業
・次世代教育事業

配信元企業:株式会社サマデイ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ