「中国太郎」の異名を取る江の川。広島県と島根県の県境を流れて日本海に注ぐその川に、沿って走る鉄道路線がJR三江線だ。

 車窓からは江の川の雄大な流れと、中国山地の山並み、そして当地名物“石州瓦”の赤い屋根が印象的な山間の集落。1両編成のディーゼルカーがゆっくり走って約3時間半かけて、江津駅と三次駅を結ぶ。そんな、日本でもっとも利用者の少ない路線としても知られた三江線が、ついに今年の4月1日に廃止される(最終運転日は3月31日)。16枚の「絶景写真」とともに、三江線の旅をお届けします。

全線開通まで45年かかった紆余曲折の路線

 三江線の最初の区間の開通は、なんと1930年。日本海側の江津〜川戸間だった。それから1937年までにほぼ中間付近の浜原駅まで延伸。しかし、戦争の激化で残りの工事は中断されて、全線開通は戦後に持ち越されてしまう。国鉄の赤字やらダム建設計画との調整やら、紆余曲折を経て全線開通したのは最初の開通から実に45年も経った1975年のことだ。

 ところが、もうその時点で中国山地はクルマ社会。時間のかかる三江線を利用する人は少なかった。

「もうずっと三江線はガラガラ。昼間なんて誰も乗ってないよ。学生さんも最近はスクールバスだしね」

 浜原駅の近くに暮らす沿線住民は、こう苦笑い。日本一のローカル線、廃止になるのも当然の流れ、なのかもしれない。でも、そんな三江線も廃止を控えて今は大賑わい。普段なら1両編成のところを2両や3両つないで走ることも多い。日中、1時間半ほどの長時間停車がある石見川本駅では、町役場の人たちが集まってお出迎え&お見送りもしてくれる。地上20mの高さの高架橋上にホームがある“天空の駅”宇都井駅では、乗りに来た人たちがこぞって撮影に興じるシーンも。

全線開通まで45年、そこから廃止までが43年。88年の歴史に幕

 が、残念ながら車内には地元の人と思しき人はほとんどいない。途中の無人駅に降りても、人の姿は見られない。かつては職員もいたのだろうと思われる、古い木造駅舎が佇むだけである。まわりを山と川に囲まれたホームは、ローカル線らしいムードを漂わせるが、それは寂しさの裏返しでもある。

 結局、全線開通から43年で三江線は姿を消すことになる。全線開通まで45年、そこから廃止までが43年。「クルマのなかった戦前は、かなり乗っている人もいたみたい」(前出の住民)という時代もあったし、木炭の輸送でSLが走ったこともある。が、そんな黄金時代は短く終わり、三江線はまもなく88年の歴史に幕を閉じる。

 江の川の流れと石見の山間の風景を車窓から楽しめるのはあと約半月。17日のダイヤ改正以降は、全線を通して走る列車が1往復分増えるという。4月からは二度と乗ることのできない最後の三江線の旅、いかがだろうか。

写真=鼠入昌史

(鼠入 昌史)

広島県内をゆく。大半の区間で江の川に沿って山に張り付くように走る。集落も見られないような区間も多い(信木~式敷)