日本最大の住まいとインテリアの写真共有プラットフォーム「RoomClip(ルームクリップ)」を運営するTunnel株式会社(東京・渋谷、高重正彦社長)は、インターネット通販ショップ向けに、低コスト、運用無しで継続的にファンへの認知を獲得できる新たなサービス「RoomClipおすすめショップ(以下、おすすめショップ)」の提供を、2018年3月より本格開始します。


(※左:おすすめショップアカウントページ、右:おすすめショップ一覧ページ)

おすすめショップは、ユーザーが投稿するアイテムの利用シーンの写真とRoomClip内のショップのアカウントを自動的に紐付けることで、継続的にRoomClipユーザーの認知を獲得し、集客や売上につなげる仕組みです。アカウントの月額費用は3万円です。
ベータ版のローンチパートナーとなった30ショップでは、ベータ版の導入後にRoomClip経由の売上が4倍に増加したり、送客数が2倍となったりするなど、既に効果が出ています。Tunnel株式会社は、今後半年間で500ショップのアカウント開設を見込んでいます。

■おすすめショップの効果と特徴
【効果1.】インテリアや家電、雑貨に興味のあるターゲット層の良質な認知の獲得
RoomClipは月間300万人が利用する、日本最大のインテリアや雑貨のSNSです。ユーザー層は住まいや暮らし環境に対してこだわりや興味関心の高い層のため、おすすめショップでは購買行動につながりやすい良質な認知を獲得できます。実際に、ローンチパートナーのショップでは、送客後の購入率(コンバージョン率)が20%を超える事例も出ています。
(※左:ファンユーザーの投稿写真、右:アイテムページとショップへのリンク)

【効果2.】ショップのブランディングでモールに埋もれないショップ運営が可能に
自社ショップのアイテムが、リアリティがある高クオリティのユーザー投稿画像と紐付けられるため、ショップのブランドイメージの向上につながります。自社取り扱いアイテムについて、価格以外の強みをユーザーが発見し発信してくれるため、モールに埋もれないショップになることができます。実際に、ローンチパートナーではRoomClipの活用により「ショップ名検索」による顧客獲得が増加したという事例が生まれています。
【特徴】:低コスト・運用なしでも、継続的に効果が持続
通常のSNSアカウントと違い、自社ショップのファンが実例の写真を投稿してくれる仕組みのため、自社による投稿などの運用負荷がほとんど発生しません。ローンチパートナーのショップの中には、専任の運用担当者をおかず、自社では投稿をしなかったにもかかわらず、ユーザーによる写真投稿が110枚以上、RoomClip経由の売上が導入前に比べて2倍以上となった事例も出ています。

■おすすめショップの詳細の仕組み
1:ユーザーが「アイテムタグ」をつけて投稿すると、ショップのアカウントと紐づく
RoomClipユーザーは、自分の部屋の写真を投稿する際に、写っているアイテムが購入できるインターネット通販ショップのリンクを「アイテムタグ」として設置できます。ユーザーがリンクを設置したショップが「おすすめショップ」のアカウントを開設している場合、アカウントに自動でユーザー写真がひも付きます。

2:ショップアカウントのページでの活用と、ユーザーのファン化
おすすめショップのアカウントページでは、自社のショップに紐付いているユーザー写真を「ショップの顔」としてトップの画像に設定できます。その場合、写真を投稿したユーザーに自動で通知が行き、ファンの育成につながります。

3:フォロワーへの表示と送客の仕組み
おすすめショップをフォローしたユーザーのタイムラインには、おすすめショップと紐づくユーザーの投稿写真が表示されるようになります。

■RoomClipの概要と特徴
家具や家電、雑貨などインテリアの写真を投稿、閲覧できる日本最大のインテリアSNSです。スマートフォンアプリとインターネットのウェブサイトを展開しています。 現在月間ユーザー数は300万人、写真枚数は300万枚、月間PVは2.8億を超えます。RoomClipは日本で最も「実際に人が生活している部屋の写真とデータ」が集まっているサービスです。雑誌やテレビなど年間に100以上の媒体でRoomClipユーザー様が紹介されています。

配信元企業:Tunnel株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ