木梨憲武佐藤健らが11日、映画いぬやしき』の新宿プレミアムイベントに登場。佐藤は木存在感を「モーガンフリーマンかと思った」と絶賛した。

【写真】『いぬやしき』新宿プレミアムイベントフォトギャラリー

 本作は、大ヒット漫画GANTZ』の作者浩哉の同名コミック原作の新感覚アクション映画。人智をえたを手にした初老の屋敷郎(木)と、同じを得た高校生・獅子皓(佐藤)の苦悩や葛を描く。

 新宿を飛び回るさえない老人・屋敷役の木は、映像内で新宿を飛行した後、ステージ上段からポップアップで登場。16年ぶりの演を務めるにあたって「最初は漫画も読んでいなかった。マネージャー子供たちに『えっ、でしょ? 屋敷やるの?』って言われて読んだら引き込まれました。屋敷さんと同じ年代(50代後半)で本当に良かった。光栄です。全ジジイ選抜、同じ年代の中から選手に選ばれた気持ちで取り組みました」とコメント

 また「役者中井貴一さんも同じ歳なんですけど、『いぬやしき』をやるって言ったら映画だと思っていた。昨日ちょうど会ったら『映画できたの?』って。まだ全然知らない。く見せたい」と話して客席を笑わせた。

 初の悪役となる獅子にチャレンジした佐藤は「漫画の中でも特に獅子皓に魅を感じていたんですけど、高校生ですから。実写化されても自分ではないだろうなと思っていたところに話を頂けたので『本当にでいいんですか?』って」と述懐。「『佐藤健、そろそろ高校生は厳しいんじゃないのか?』って話をされまして、実際28なので、それを言われたらぐうの音も出ない。獅子は、ロボットになっていろいろ一気に悟ったんですね。で、10年老けた…と解釈してもらえれば」とった。

 木の印について問われると「ものスゴくナチュラルでびっくりしました。お笑いの要素を出してこられると思ったけど一切なかった。何十年も俳優として生きています、というような佇まい」と絶賛。さらに佐藤が後方へ一歩下がって「ここらへんから見る木さんは、モーガンフリーマンかと思った」とベタ褒めすると、木は“よくやった”と言わんばかりに「あとで5千円あげる」と佐藤を褒め称えた。

 この日のイベントには本郷奏多二階堂ふみ、三吉佐藤信介監督も出席した。

 映画いぬやしき』は4月20日より全開。

木梨憲武、佐藤健ら『いぬやしき』新宿プレミアムイベントに登場 クランクイン!